待望の再入荷!!ヴォーカルファン必聴!2013年公開映画『Monica Z』のサウンドトラック! | diskunion 横浜関内ジャズ館ブログ
JAZZ PERSPECTIVE Vol.8表紙の美女!!
日本でも今秋公開予定の映画『Monica Z』主演、
エッダ・マグナソンが歌うサントラ史上に残る傑作!
横浜関内ジャズ館スタート以来の驚異の大ヒットで品切れしていましたが、
この度再入荷致しました!!


●EDDA MAGNASON / MONICA Z - Musiken Fran Filmen / UNIVERSAL / CD / 2,381円+税

スウェーデンで大ヒットした2013年公開映画
『Monica Z』のサウンド・トラック!

歌手、女優として絶大な人気を誇るスウェーデンの名花「モニカ・セッテルンド」を描いた『Monica Z』のサウンド・トラックがリリース!
主演を務めたのは同国の若きシンガーソングライター、エッダ・マグナソン。
ジャズ・ファンからすればモニカを演じること自体少々ハードルが高く感じてしまいますが、期待を超える見事な歌声を披露しております!
さらにオーケストラのプロデュース/アレンジは人気ピアニスト、ペーター・ノーダールが担当。スウェーデン・ジャズ界の豪華ミュージシャンが揃い演奏だけ聴いても十分楽しめる内容です。
もちろんエヴァンス作でモニカの代表曲でもあるM-3「モニカのワルツ」(Waltz for Debby)も収録。映画ファン/ヴォーカルファン必聴のサントラ史上に残る傑作が誕生です!
(JazzTOKYO)

1.Sakta vi gå genom stan
2.Hit the Road Jack
3.Monicas vals
4.O vad en liten gumma kan gno
5.En gång i Stockholm
6.It Could Happen To You
7.Gröna små äpplen
8.Trubbel
9.Du
10.Bedårande sommarvals
11.I Can't Give You Anything But Love
12.Take Five
13.Monica Z - Svit ur filmen

↓映画『Monica Z』トレイラー!素晴らしいです!




(※山本隆のJAZZ IN THE WORLD より転載)

EDDA MAGNASON / Monica Z - Musiken Fran Filmen

2013年の年末、12月5日。今年最大の作品が入ってきたのでコーフンしている。最大というのは一般論ではなくてあくまでも個人的なものだ、ボクの場合。このジャケ見てくださいよ。モニカ・ゼタルンド(今まではモニカ・セッテルンドと表記してたけど、今日からゼタルンドにします)に似ていませんか。そっくり、眼のあたりとか。それで彼女の名前は、エッダ・マグナソン。推測だけど歌も歌えて、モニカにも似ているということでこの映画に抜擢されたんじゃないだろうか。そう、これは、モニカ・ゼタルンドの伝記的な映画『Monica Z』のサントラだ。で彼女がモニカ役をやり歌も歌う、ということ。モニカは残念なことに、2005年5月、煙草の火の不始末でその生涯を終えた。煙草好きな様子は、ビル・エヴァンスと『Waltz For Debby』収録中の風景を見ても明らかだ。その年の11月、ストックホルム市内をクルマで移動中、「あそこにモニカが住んでいたんだよ」と教えてもらった時は、なんとも言えない気持ちで目をつぶった。そうボクはモニカ好きだ。スウェーデンの本屋とかに行くと、何かしらのモニカの本が発売されていて買ってくる。今回このCD聴いて、年末にモニカへの想いを新たにしようと思っていたのだが、、、、。思惑が違った。このエッダ・マグナソン、いい感じで歌うのだ。曲は全てモニカがかつて歌ったものが中心だから、何かしらの「ああ、アレの曲ね」みたいな通りいっぺんの感想で終わろうとしていた。しかし7の「Grona Sma Applen」で変わった。いい曲だ、あっもちろんいい曲なのはわかっているけど、モニカ以上に心に真っ直ぐと刺さってしまったのだ。モニカよりもこの曲の雰囲気を引き出してしまったかのようだ。試に彼女がこの曲を歌うYouTubeを見てみた。どこかの野外会場で歌っている。派手なアクションはなく黒いドレスとヒールを纏い、たんたんと歌う。観客の表情はみな穏やかだ、安心感に包まれている。
朝11時、ボクは不覚にも泣いちゃいましたよ、ポロポロと。ジャズ聴いて泣いたのはいつぶりなんだろう。思わず花粉症のせいで涙が出たと誤魔化しはしたけど、52歳のスキンヘッドの男が泣いちゃいけないだろう。というわけで、年末どっぷり浸かってみてください。制作総指揮は、あのピーター・ノダールなので、センスも抜群ですよ。(山本隆)


ストックホルムの空港(アーランダ空港)に旅行者を出迎える為、
各方面の有名人の写真がディスプレイされている。その中の一枚がモニカ・ゼタルンド。(2012年6月12日撮影 山本隆)



■お問い合わせはお気軽にどうぞ♪
ディスクユニオン横浜関内ジャズ館
〒231-0014 横浜市中区常盤町4-45 アートビル2F(1F スターバックス)
TEL:045-661-1542
買取専用フリーダイヤル:0120-231-543
E-MAIL:dy@diskunion.co.jp
営業時間:11:00~20:00

友だち追加数
馬車道通りのジャズ専門店
diskunion 横浜関内ジャズ館
045-661-1542
通販・買取、お気軽にお問い合わせください
〒231-0014 横浜市中区常盤町4-45 アートビル2F

diskunion 横浜関内ジャズ館