CRISS CROSSから4タイトル入荷! | diskunion 横浜関内ジャズ館ブログ

●DAVID BINNEY / ANACAPA / CRISS CROSS / NED / CD / 1370 / XAT-1245595959 / 2,100円+税

サックス奏者のデビッド・ビネイはいまやクリスクロスを代表するアーティストのひとりとなった。7作目となるこの新作では、これまでクインテット編成がほとんどだった彼にしては珍しくギターやヴォーカルも加えた大きめなグループでの演奏が認められる。これまでとはサウンド・カラーの異なる楽曲もあるが、それでもビネイ独特の粘りつくような響きとフレージングは相変わらずだ。エレクトリック楽器の採用も、彼の音楽性の幅をこれまで以上に広げるものとなった。【聴きどころ】Track(4)「Distant City」ふたりのギタリストの好演が大きな聴きもの (jazzyellより)

■David Binney(as,ts,ss,vo,synth,b,comp), Wayne Krantz(b), Adam Rogers(g), John Escreet(p,rhodes), Matt Brewer(electric b), Obed Calvaire(ds), Dan Weiss(ds,tabla), Sergio Krakowski(pandeiro), Louis Cole(vo), Nina Geiger(vo)
1. She Loves, Introduction
2. The Golden Zone
3. Massive Humanity
4. Distant City
5. Anacapa
6. Waiting For The Blast
7. Imagination Sets Us Free
8. Heart Shaped Mind
9. Santo Spirito
10. She Hates, Outro


●JOHNATHAN BLAKE / GONE, BUT NOT FORGOTTEN / CRISS CROSS / NED / CD / CRISS1368CD / XAT-1245595957 / 2,100円+税

現在ニューヨークのシーンでもっとも注目されているドラマーのひとり、ジョナサン・ブレイクによる待望のクリスクロス1作目。これまでに、トム・ハレル、ミンガス・ビッグ・バンド、ケニー・バロン、ラヴィ・コルトレーンなどのグループで大胆なプレイを披露してきた彼だけに、このアルバムでも縦横無尽のドラミングを繰り広げる。この奔放さはエルビン・ジョーンズの後継者を思わせるものだ。クリス・ポッターとマーク・ターナーの2サックス・カルテットという編成もブレイクの柔軟性に富んだドラミングを聴く上で最適だ。【聴きどころ】Track(2)「Firm Roots」シダー・ウォルトン作のナンバーが軽快かつ豪快に奏でられる (jazzyellより)

■Johnathan Blake(ds), Chris Potter(ts,afl), Mark Turner(ts,ss), Ben Street(b)
1. Cryin' Blues
2. Firm Roots
3. Maracas Beach
4. All Across The City
5. Broski
6. Born Yesterday
7. Circle Dance
8. New Wheels
9. Anysha
10. The Shadower
11. Two For The Blues


●JUSTIN ROBINSON / ALANA'S FANTASY / CRISS CROSS / NED / CD / CRISS1371CD / XAT-1245595960 / 2,100円+税

セロニアス・モンクがサックスを吹いたらこんな感じになるのでは?そんなことを思わせる個性派アルト・プレイヤーがジャスティン・ロビンソンだ。今回はそのモンクをはじめ、ジャッキー・マクリーンやソニー・スティット、ジョニー・グリフィンなどの曲も取り上げる。ピアニストのサリヴァン・フォートナーがいい味を出しているし、ニューヨークのシーンにあって実力を存分に発揮したベーシスト、ドゥエイン・ブルーノがこの世を去る直前に残した作品であることにも注目したい。【聴きどころ】Track(1)「Little Melonae」マクリーンの名曲が現代的な感性で演奏される (jazzyellより)

■Justin Robinson(as), Michael Rodriguez(tp), Sullivan Fortner(p), Dwayne Burno(b), Willie Jones III(ds)
1. Little Melonae
2. Eazy E
3. Alana's Fantasy
4. Jeremy Isaiah
5. When We Were One
6. Eronel
7. Libra
8. Answering Service
9. Just One Of Those Things
10. For Heaven'S Sake


●OPUS 5(JAZZ) / PROGRESSION / CRISS CROSS / NED / CD / CRISS1369CD / XAT-1245595958 / 2,100円+税

トランペット/フリューゲルホーン奏者のアレックス・シピアジンとテナー・サックス奏者のシーマス・ブレイクをフロントに据えたクインテットのオーパス5がクリスクロスでデビュー作の『Introducing Opus 5』(Criss Cross CRISS1339CD)を録音したのは2011年のこと。続く2012年録音の『Pentasonic』(Criss Cross CRISS1351CD)を経て、3作目の登場である。この間メンバーの移動はいっさいなし。それだけに、今回はこれまで以上にグループとしてまとまりのある演奏が展開される。しかもいずれ劣らぬ個性派・名手ぞろいである。どの曲も甲乙がつけがたいご機嫌な内容だ。【聴きどころ】Track(1)「Snow Child」このクインテットならでは安定感が心地よい (jazzyellより)

■Alex Sipiagin(tp,flh), Seamus Blake(ts), David Kikoski(p), Boris Kozlov(b), Donald Edwards(ds)
1. Snow Child
2. Fear Of Rooming
3. Climbing
4. Walk A Waltz
5. Geraldine
6. Inner Balance
7. For Instance, Take This

■お問い合わせはお気軽にどうぞ♪
ディスクユニオン横浜関内ジャズ館
〒231-0014 横浜市中区常盤町4-45 アートビル2F(1F スターバックス)
TEL:045-661-1542
買取専用フリーダイヤル:0120-231-543
E-MAIL:dy@diskunion.co.jp
営業時間:11:00~20:00

友だち追加数
馬車道通りのジャズ専門店
diskunion 横浜関内ジャズ館
045-661-1542
通販・買取、お気軽にお問い合わせください
〒231-0014 横浜市中区常盤町4-45 アートビル2F

diskunion 横浜関内ジャズ館