《新品CD》 Steve Cardenas新作! トーマス・モーガン、ジョーイ・バロンによる鉄壁のトリオサウンド! Steve Cardenas Trio / Melody in a Dream | diskunion 横浜関内ジャズ館ブログ

●Steve Cardenas Trio / Melody in a Dream / SUNNYSIDE / CD / 2,095円 + 税
カンザス・シティでの活動をスタートに、90年代半ばにNYに進出。ポール・モチアン・エレクトリック・ビバップ・バンドや、ジョーイ・バロンのキラー・ジョーイのメンバーとして頭角を現し、現在チャーリー・ヘイデン・リベレーション・ミュージック・オーケストラのメンバーとしても活躍するギタリスト、
スティーヴ・カーディナスのSunnyside第二弾!
来月2月には、ジョン・カウハード・マーシー・プロジェクトのメンバーとして、ブライアン・ブレイド、ジョン・パティトゥッチと共に来日。注目を集めていますが、現代を代表するクリエイターとのコラボにも象徴されるように、最新作も現代を代表するアーティストの風格が漂うものとなりました。
ベースには、モチアンの遺伝子を受け継ぐ存在トーマス・モーガン、ドラムには、モチアンの後輩世代にして、今や巨匠と言っても過言でないジョーイ・バロンが参加した鉄壁のトリオ・サウンド。作品はセレクトした楽曲という視点で区切ると2 部構成。前半部は自らのオリジナル(M2 はモチアンのエレクトリック・ビ・バップの時代から演奏してきた曲) や、モチアン、バロンの曲を演奏。自らのキャリアの道のりを辿るような楽曲を中心に構成。後半は、いわゆる歴史的なジャズ・スタンダードを演奏。しかし、演奏からは、一環とした流れが貫かれます。それこそは、“伝統に連なる確たるコンポジション”と、“メンバーの演奏のオリジナリティ”に因る所と言えましょう。スペイシーかつ温かい音色と、鋭敏なフレージングに磨きがかかったギター。そして、相変わらず(!?)素晴らしいのがジョーイ・バロン。自由にしてスウィンギー、破天荒なようでいて繊細にメンバーと絡み合うドラミングは、現代最高級!ポスト・カート・ローゼンウインケルという表現をされて以来10 年余り。この後の動向にも注目なカーディナスです!(新譜案内より)
■Steve Cardenas(g), Thomas Morgan(b), Joey Baron(ds)
Shane Endsley (tp-M3, 7 & 10)


■お問い合わせはお気軽にどうぞ♪
ディスクユニオン横浜関内ジャズ館
〒231-0014 横浜市中区常盤町4-45 アートビル2F(1F スターバックス)
TEL:045-661-1542
買取専用フリーダイヤル:0120-231-543
E-MAIL:dy@diskunion.co.jp
営業時間:11:00~20:00

友だち追加数
馬車道通りのジャズ専門店
diskunion 横浜関内ジャズ館
045-661-1542
通販・買取、お気軽にお問い合わせください
〒231-0014 横浜市中区常盤町4-45 アートビル2F

diskunion 横浜関内ジャズ館