ギリシャ発、傑作ピアノトリオ、"TRIOISM"が少量再入荷! | diskunion 横浜関内ジャズ館ブログ
【少量再入荷!】
ギリシャ発 傑作ピアノトリオ “Trioism”





●TRIOISM / TRIOISM / ankh productions / CD / 2,500円

初回入荷分が瞬く間に売り切れた傑作ピアノトリオが再入荷しました!
ギリシャ発 傑作ピアノトリオ “Trioism”

2006年録音の知られざる傑作ピアノトリオがディスクユニオン限定入荷。まずジャケットからして只ならぬ雰囲気を醸し出している。三人乗り自転車をモティーフに赤青黄の三色を配したシンプルなアートワークの感覚は、そうだ、例えばLex Jaspar Trioの「lexcursion」やJeff Covell Trioの「No Hands」なんかを想起させる。このジャケットは裏切らない!何か良いピアノトリオは無いかとCDショップの店頭を毎日パトロールしているようなディープなファンにはこの感覚がきっと伝わる筈だ。内容は期待以上の素晴しさ。メロディの良さ、スピード感、トリオの絶妙な絡み具合の三拍子が揃った傑作であると最大級の賛辞を贈りたい。リリカルで品のあるピアノの音色にうっとりしていると、重心の低いベースと切れのあるドラムにハッとさせられる瞬間の連続。それはスタンダードやオリジナル曲、更にはスクリャービンの神秘的な曲に至っても徹底されている。分解能が高くふくよかな音色を捉えた録音の良さにもとどめを刺された思い。リリースは2009年だが、当時はほとんど日本には入荷していない筈だ。現在でもダウンロード音源の流通が主で、CDメディアでの入手は極めて困難だと思われるので、ピアノトリオファンはこの機会を絶対に逃さないで欲しい。
彼ら “Trioism”はギリシャのアテネで1999年より活動を開始し、ドラマーは何度か入れ替わっている。結成メンバーはギリシャ人のZak Samouil だが、2006年オランダのアムステルダム録音の本アルバムではイタリア人、オーストリア人、メキシコ人の三人のドラマーが曲によって入れ替わる。現在はポルトガル人のRui Ramos Pereiraがドラマーを務めているらしい。次回作のリリースが待ち遠しいピアノトリオに久しぶりに出会ってしまった。(新宿ジャズ館 羽根)

Spyros manesis(p),Petros Klampanis(b),Luca Marini (ds:1,4), Andreas Pichler (ds:2,6,7) ,Gustavo Grajales Nandayapa(ds:3,5)

1. Pipistrello
2. Stella By Starlight
3. Galazia Kithara (Sky Blue Guitar)
4. Bye Bye Blackbird
5. Scriabin
6. El Pepino
7. But Not for Me

■お問い合わせはお気軽にどうぞ♪
ディスクユニオン横浜関内ジャズ館
〒231-0014 横浜市中区常盤町4-45 アートビル2F(1F スターバックス)
TEL:045-661-1542
買取専用フリーダイヤル:0120-231-543
E-MAIL:dy@diskunion.co.jp
営業時間:11:00~20:00

友だち追加数
馬車道通りのジャズ専門店
diskunion 横浜関内ジャズ館
045-661-1542
通販・買取、お気軽にお問い合わせください
〒231-0014 横浜市中区常盤町4-45 アートビル2F

diskunion 横浜関内ジャズ館