《新品CD》ショーター・グループのピアノをつとめるペレスが壮大に描き出すパナマの歴史! 話題のプロジェクトが作品となって登場 DANILO PEREZ / Panama 500 | diskunion 横浜関内ジャズ館ブログ
●DANILO PEREZ / Panama 500 / MACK AVENUE / US / CD / 2,000円(税込) 

ウェイン・ショーター・グループのレギュラー・ピアニストとして10 年余り。今年春、メンバーとして来日も果たしたダニーロ・ペレスの最新作。
メンバーは、ウェイン・ショーターのバンド・メイツでもあるジョン・パティトゥッチ+ブライアン・ブレイドのコンビと、同じくペレスと長い共演歴を持つベン・ストリート+アダム・クルース。このリズム・セクションに加え、ブラジル、キューバ、パナマと背景が異なる3 人のパーカッショニスト、ヴァイオリン、チェロ奏者をフィーチャー。古来からそこに住む先住民の人々の世界を、アフロ・キューバン・パーカッションの名手ローマン・ディアスのパーカッションとヴォイスで描き出すと共に、アレックス・ハーグローヴのヴァイオリンがアジア的なものを重ね合わせる序曲から秀逸。描かれる12 の演奏には、パナマの伝統的なフォークソングLa Denesa のリズムを元にしたタイトル・トラックM-2あり、ヨーロッパ的なバロックの対位法をモチーフにしたトラックM-3 あり、ピアノと古楽器パン・フルートのデュオをイントロに郷愁をかきたてるM-4 あり、クラーヴェから発展させたナンバーM-5 あり、2014 年、開通から100 年を迎えるパナマ運河を組曲にして描くナンバーあり・・ラストはパン・フルートとチャントで彼の土地を賛美。壮大な音楽絵巻が多種なルーツを持つ音楽によって織り上げられます。今、ユネスコ平和芸術家でもあるダニーロ・ペレスの果敢なる挑戦。「自分のヴィジョンは文化的なパスポートとなる音楽をクリエイトすること、出来れば世界のかけ橋としてのパナマと共に・・」、と語るペレス。ボーダレスになる半面、緊張感も増す今の世の中に問う重要作品です。(新譜案内より)

■Danilo Pérez- piano, cowbell John Patitucci – electric bass (2); acoustic bass (3, 4, 9) Brian Blade – drums (2-4, 9), Ben Street – acoustic bass (1, 5, 8, 11) Adam Cruz – drums (1, 5, 8, 11) Alex Hargreaves – violin (1, 2, 8) Sachi Patitucci – cello (3), Román Díaz – percussion, chant (1) Rogério Boccato – percussion (2, 3, 8)


■お問い合わせはお気軽にどうぞ♪
ディスクユニオン横浜関内ジャズ館
〒231-0014 横浜市中区常盤町4-45 アートビル2F(1F スターバックス)
TEL:045-661-1542
買取専用フリーダイヤル:0120-231-543
E-MAIL:dy@diskunion.co.jp
営業時間:11:00~20:00

友だち追加数
馬車道通りのジャズ専門店
diskunion 横浜関内ジャズ館
045-661-1542
通販・買取、お気軽にお問い合わせください
〒231-0014 横浜市中区常盤町4-45 アートビル2F

diskunion 横浜関内ジャズ館