7/23(土)ジャズ新品入荷情報!!! | diskunion 横浜関内ジャズ館ブログ
 ★ジョー・チンダモ/ファースト・テイク★

オーストラリアを代表する人気ピアニスト、ジョー・チンダモが敬愛するジャズ・ピアノの大先輩、オスカー・ピーターソン。彼をジャズの世界へ導いた黄金のオスカー・ピーターソン・トリオ。そしてその偉大なるベーシスト、レイ・ブラウンを迎えて制作された記念すべきファースト・アルバム。オリジナル・リリースから18年を経てHQCDとなりさらにグレードアップして待望の復刻!試聴できます→ http://diskunion.net/jazz/ct/detail/JZ110630-08
 
★LARRY CARLTON/PARIS CONCERT★
これは素晴らしい!!2008年4月のパリNew Morningでのライブ映像!言わずもがな、New Morningでのライブ映像諸作は、どれも大ロング・セラーになっていますが、今回、何と言っても注目は、シンプルなトリオ編成での演奏ということでしょう。つまり息子のトラビスと共に、ラリーのギターが堪能出来ちゃうのです。もうオープニングから超ご機嫌!。シャッフルのノリの良いビートで幕開け、そして完全4ビートのしっぶい演奏!そして、ラスト・ナイトや、Room335といった往年の名曲も演奏。もちろんラリーはじめ、トリオの演奏もさえまくってます!ホント、ラリー・カールトンのラリー・カールトンたる演奏が詰まった必見!!映像震災直後、日本の人と共に音楽で元気になりたい!と言って最高の演奏と笑顔を見せてくれた3-4月の来日公演の感動も蘇らせてやみません!これはマストです!
 
★CEDAR WALTON/BOUNCER★
半世紀以上もの間、ハード・バップ・シーンの第一線に立ち続けるピアノの巨匠、シダー・ウォルトン。アート・ブレイキー&ジャズ・メッセンジャーズ等、数々のバンドで活躍してきた彼ですが、そのパワーは現在も衰えをみせておりません。このアルバムでもピアニストとして、作曲家として絶好調のところをアピールしています。録音エンジニアはハード・バップを知り尽くした名匠、ルディ・バン・ゲルダーが担当。オープニング・ナンバーを再生しただけで、シダーとルディの黄金コンビが、あのモダン・ジャズ黄金時代へとリスナーを連れ去ってくれます。ドラムスのウィリー・ジョーンズ3世も、故ビリー・ヒギンズばりの鮮やかなプレイを聴かせてくれます。
 
★ROGER GUERIN/BENNY GOLSON★
仏のトランペッター、ロジェ・ゲランの、当時アート・ブレイキー&ジャズ・メッセンジャーズのツアーメンバーとしてフランス滞在中であった、ベニー・ゴルソン、ボビー・ティモンズの2名を迎えたクインテット編成での録音。一貫してメンバー全員が打ち解けたような、リラックスムードでの演奏が聴かれ、取り分けリーダーであるゲランのメロディアスに歌い上げるアドリブが素晴らしい。“Moanin'”,“Blues March”は同年録音であるメッセンジャーズのBlue Note作品に収録されている演奏と比較してみると、驚くほどに印象が違って聴こえる。ほどよくクールダウンされたファンキーさを漂わせ、ゲラン、ゴルソン、ティモンズの3人が叙情性豊かなメロディーを紡いでいく様は、この作品特有のものであり、昔から人気の高いタイトルである所以ではないだろうか。この後、ゴルソン、ティモンズは50年代後半にかけて、キラ星のような名盤の数々に録音を残していくが、それらの作品と比較してもなんら遜色の無い作品である事は明白で、もっと広く聴かれるべき一枚であると思う。非常に入手困難なオリジナル盤を手に入れる以外は、これまで、決して音質の良いとは言えない再発LPのみでしか聴く事ができなかったわけだが、今回復刻されたCDを聴いて驚愕した。澤野工房の方に「オリジナル盤もあんな凄い音なんですか?」と訊いてみたところ、あっさり「そうだよ。」という答えが返ってきた。なるほど、オリジナル盤がレアで高価なわけだ。
 
★MIKE BAGGETTA/SOURCE MATERIAL★
アコースティック・ギターとエレクトリック・ギターを対等に弾きこなす中堅の名手、マイク・バジェッタ。マサチューセッツ生まれの彼はニューヨークでテッド・ダンバー、ビック・ジュリス、ジム・ホール等に師事、トム・ハレル、ジョージ・ガゾーン、ルース・ブラウンらと共演を重ねてきました。モダン・ジャズを基に、フォークやトラッドの要素、フリー・ジャズ的側面も織り交ぜた音作りが彼の特徴ですが、ここではそれがさらに推し進められており、作曲家、ギタリストとしての更なる成長を印象づけてくれます。2009年発売のアルバム「Small Spaces」(FRESH SOUND NEW TALENT FSNT339)も大好評だったマイク。彼の新生面を、どうか満喫してください。ジェイソン・リグビーのサックスも好演です。
 
★ヴィニシウス・カントゥアリア, ビル・フリゼール/ラグリマス・メシカーナス★
■ボーナス映像特典付き国内盤CD■ニューヨークの雑踏する街角から聴こえる無数の声にインスパイアされた、美しく親密な愛の歌。長年にわたって共演を重ねて来た2 人の類い稀な音楽家が実らせた、傑作コラボレーション・アルバム!
 
★STEPHAN OLIVA/FILM NOIR★
ステファン・オリヴァが前作のバーナード・ハーマン曲集に続き、再び映画音楽を題材に新作を届けてくれた。フィルム・ノワールとはフランス語で「暗い映画」という意味だが、リボルバー、ボルサリーノ、ファム・ファタール、皮肉、退廃、減らず口を叩く主人公など、その特徴的な要素をここには書き切れない。古い映画に馴染みの薄い方は、百聞は一見に如かず、裏ジャケの「ビッグ・コンボ」からの一場面をご覧頂きたい。試聴できます→ http://diskunion.net/jazz/ct/detail/JZ110622-50
 


■お問い合わせはお気軽にどうぞ♪
ディスクユニオン横浜関内ジャズ館
〒231-0014 横浜市中区常盤町4-45 アートビル2F(1F スターバックス)
TEL:045-661-1542
買取専用フリーダイヤル:0120-231-543
E-MAIL:dy@diskunion.co.jp
営業時間:11:00~20:00

友だち追加数
馬車道通りのジャズ専門店
diskunion 横浜関内ジャズ館
045-661-1542
通販・買取、お気軽にお問い合わせください
〒231-0014 横浜市中区常盤町4-45 アートビル2F

diskunion 横浜関内ジャズ館