7/20(水)ジャズ新品入荷情報!!! | diskunion 横浜関内ジャズ館ブログ
★VIENNA CLARINET CONNECTION/ELECTRIC WOODS★
名は体を表す。とはまさにこのアルバムのことではないでしょうか?クラリネット奏者4名からなるVIENNA CLARINET CONNECTIONがエレクトリックな感覚を取り入れたアルバム。フュージョン・ライクかと思いきや不思議とスタンダードなジャズの感性をもった摩訶不思議サウンドな一枚。
 
★BILL FRISELL/SIGN OF LIFE★
クラシックやカントリーミュージックを取り入れた全曲ビル・フリゼール作曲の新作。
 
★CHRISTOF SANGER/CROSSING★
来日経験もあり、国際ジャズピアノコンクールでも優勝したことのある実力者 Christof Sanger(p) のピアノトリオ作品。多くのピアノトリオ・マニアの間で高く評価された90年代に吹き込まれた「黒ザンガー」「赤ザンガー」と呼ばれた傑作は惜しくも廃盤となる中で、ファン垂涎の逸品が登場です!!モダンなヨーロピアン・テイストたっぷりのメロディアスで流麗なプレイ、しっとりと落ち着きのある煌びやかなタッチと、どこから切りとっても美しく端正なピアノトリオの王道を行く、洗練された優雅なピアニズムを心ゆくまで堪能できます。
 
★ALBERTO FAVERO/SUITE TRANE★
以前ににリイシューされていたアルベルト・ファヴェロの69年録音作品が新たにボーナストラックを3曲加えてリイシュー!コルトレーンへの追悼作品としてアルゼンチン人ピアニスト、アルベルト・ファヴェロがブエノスアイレスのミュージシャンを集めて録音された人気盤。コルトレーンの世界観をより現代的に、オーケストラを取り入れたサウンドを展開。オリジナルの1曲目から5曲目までの物語性はもちろん素晴らしいですが、追加となった後半3曲も飾らないオーソドックスなビ・バップ・ナンバーを聴かせてくれます。試聴できます→ http://diskunion.net/jazz/ct/detail/JZ110714-07
 
★MICHEL COLOMBIER/MICHEL COLOMBIER★
フランス人作曲家ミシェル・コロンビエがジャコ・パストリアスを全面的にフィーチャーしたフュージョン名作がリマスター復刻!!そのほかにもスティーヴ・ガッド、ピーター・アースキン、ラリー・カールトン、リー・リトナー、レイ・パーカーJr.、ハービー・ハンコック、マイケル・ボディッカー、マイケル・ブレッカー、トム・スコット、アイアート・モレイラと豪華すぎるアーティストたちが参加。
 
★SILVANO MONASTERIOS/UNCONDITIONAL★
べネズエラ出身のピアニスト、シルバーノ・モナステリオスの新作。日本ではほとんど無名だが、アメリカを中心に20年ほどのキャリアを誇っている。持ち味は端正なタッチから生み出される明快なフレージング。それがリズミックな演奏で威力を発揮する。サックス奏者とパーカッション奏者を配し、ダイナミックでノリのいい演奏を中心にレパートリーを構成している点も好ましい。ポスト・ハードバップ派のピアニストとして、彼の存在は注目に値する。聴き所:トラック(2)「Monsieur Perir」トロイ・ロバーツのサックスも大胆で懐にグサッと突き刺さってくる。
 
★グローバル・ジャズ・オーケストラ/グローバル・ウォーミング★
関西が誇るビッグバンド「グローバル・ジャズ・オーケストラ」。ソリストたちが熱演するビッグバンドファン必聴の作品!1968年結成。関西のミュージシャンで構成されるビッグバンド。明日のビッグバンドを担うべくスウィングからコンテンポラリーまで幅広いレパートリーとメンバーのオリジナルを演奏。1999年には中山正治ジャズ大賞受賞。また、ロシアンリバー・ジャズ・フェスティバルや、モンタレー・ジャズ・フェスティバルへの出演や、ボブ・ミンツァー、デイブ・リーブマン、エリック・マリエンサル、ボビー・シュー、チャック・フィンドレー、ビル・ワトラス、フォー・フレッシュメン、ペドロ・ジラウド、北村英治、渡辺貞夫、日野皓正、小曽根真など国内外のさまざまなアーティストとも共演を重ねる。
 
★SERGIO SANTOS/AFRICO★
完成度の高いミナス流サンバを提供する実力派セルジオ・サントスの3作目。今作は、アフロ・ブラジル・ルーツへの傾倒を見せ、全編に黒人宗教的モチーフが投じられている。しかもセルジオらしい澄み渡るアコースティック・サウンドと相俟って、独特の神秘的な空間を演出。ウアクチ、スザーノ、トゥッチ・モレーノ、テコ・カルドーゾ、ホドルフォ・ストロエテール他名手が脇を固める高質作品。
 
★SERGIO SANTOS/SERGIO SANTOS★
ミナス出身のSSWとして着実に成長するセルジオ・サントスの新作。これまでよりもよりジャジーなサウンドと、粒の揃ったアコースティック・アンサンブルに磨きが掛かり、セルジオ独特のファルセット・ヴォイスが際立つ、唯一無二の作品に仕上がった。詩情を湛えたオリジナル楽曲と、RODLFO STROETER(b),TECO CARDOSO(fl/SAX),TUTTI MORENO(ds),ANDRE MEHMARI(P)と、あのジョイスのバック・バンドを中心にした高質のサウンドがそそられること間違い無し!!本年のベストMPB作品の一枚になることは必至!!
 
★SERGIO SANTOS/IO SO★
全MPBファン注目!ソフトなセンスのサンバ・ミネイロ実力者、セルジオ・サントス待望のフル・オリジナル新作。今作は、ミナスのアフロ・ルーツに根ざしたパーカッシヴ・サウンドを全面に出した意欲作。これまでのセルジオの真骨頂である優しいフレーズの中にパンチ力が増強され、よりエッジの効いた新しいサンバ・ミネイロが誕生した瞬間だ。楽曲はセルジオと、パウロ・セザール・ピニェイロの共作を含む初出のもの。
 
★ギャビー・ヘルナンデス/スウィート・スターリー・ナイト★
Build An Arkの設立メンバーである女性ヴォーカリスト、ギャビー・ヘルナンデスが、カルロス・ニーニョのプロデュースのもとにLife Force Trioを従えて待望の新作アルバムをリリース! ジャイルス・ピーターソンにも絶賛された前作『When Love』を上回るスケールの大きな作品。日本オリジナル企画、世界配信作!試聴できます→ 
http://diskunion.net/jazz/ct/detail/JZ110627-09
 
★ビルド・アン・アーク/スターズ・アー・シンギング・トウー★
世界が注目するスピリチャルでコズミックな音楽集団ビルド・アン・アーク、結成10周年記念アルバムリリース!リーダーのカルロス・ニーニョが、過去のライヴ・パフォーマンス、リハーサル、レコーディング・セッション、コラボレーションから未発表の貴重な音源のみを厳選した決定盤!日本オリジナル企画、世界配信作!試聴できます→ http://diskunion.net/jazz/ct/detail/JZ110627-10
 
★ジャコ・パストリアス/グリーン・ライト★
ジャコの貴重な録音であると共に70 年代初頭ジャズのマストな記録!!73 年、大きく化けるジャコ!凄まじいベース・ラインと圧倒的なバンド・サウンドギターには、パット・メセニーの師匠ジョー・ディオリオ!これは、驚きの音源、”70年代初頭の大衝撃音源”登場です。ジャコ・パストリアスのデビュー前を紐解く、アーリー・イヤーズ・レコーディングス・シリーズの第3 弾。生涯最初のバンドである”ウッド・チャック”(69 年) を収めた第一弾、”トミー・ストランド&アッパー・バンド”(71 年) との演奏を収めた第二弾。それらは、ジャコのR&B 的な演奏を聴ける記録であり、それこそが原点で貴重な記録になっていますが、本作では、完全ジャズ的なアプローチのジャコがあるのです。72 年、ウエイン・コクラン& C.C. ライダースの時代を経て、驚異的なベース・テクニックに磨きがかけるのも言うまでもないことと同時に、この73 年!の音楽性の飛躍!!といったら、本当にドラマティックなものがあるのです。それは、 70 年代初頭のジャズの舞台を饒舌に語る一枚。69 年~、エレクトリック化するマイルス、チックのリターン・トゥ・フォーエヴァー、マクラフリンのマハビシュヌ・オーケストラ、そして、ザヴィヌル、ショーターが結成したウエザー・リポート。そして、この音源を聴くと、ジャコが参加した、アイラ・サリバン・クインテットは・・それらに匹敵する存在感なのです。リーダーのアイラ・サリバンの元に、ギターには、バークリー時代のパット・メセニーの師匠であるジョー・ディオリオ( 同じくメセニーの先輩格であるミック・グッドリックとの共演作品は、今Amazonで2万円で取引されている)、キーボードには、ハンコックの弟子的存在であるアレックス・ダーキ『( ジャコ・パストリアスの肖像』において、”コンテニューム”を弾いているのがダーキ)、そして脅威のテクニックのジャコ。世紀の大発見と言える壮大でストーリー性にも富んだ圧倒の”バリー・デ・ニーナ”は、73年における超プログレッシブな演奏であり、”ラス・オラス”の最初期のレコーディングも収録。その演奏の世界は、当時のウエザー・リポートへの意識も大きく覗かせるものホントたまりません!この1年後74年、ジャコはジョー・ザヴィヌルに渡す”コンテニューム”のデモ・テープを録音をすることになるわけですが、その音楽的原点こそが、このアイラ・サリバンのトラックにあると言っていいのでは、と感じます。この進化し、深化するテクニックと、世界観!73年のジャコが裏ウエザー的サウンドを並走して創っていたという歴史的衝撃事実。(74 年からジャコは”さらに”独自の音の世界を創り、76 年に加入する時には、また全く違う色をウエザーというバンドにもたらした、という事実も凄い!)この時代の音が明らかになるというのは大げさでなく、事件!!!ジャズの歴史の裏舞台を明かす一枚です!
 
★BLUE MITCHELL/BANTU VILLAGE★
ブルー・ミッチェル69年の傑作ファンク・アルバムが世界初CD化!!!ソウル/ファンク路線全開!ベッタベタのキラー・チューンが満載の"Bantu Village"。ミドルテンポのファンク・ビートをバックにゴリゴリ前に出てくるブルー・ミッチェルのトランペットがキャッチーなテーマをこぶしを効かせてブリブリと吹き倒す絶妙のA面、ネタ物"Flat Backing"も収録。パーカッションが冴えるポリリズミックな疾走系のHeadDown、激渋タイトル曲" Flat Backing"などなどブラックネス溢れる全7曲!
 


■お問い合わせはお気軽にどうぞ♪
ディスクユニオン横浜関内ジャズ館
〒231-0014 横浜市中区常盤町4-45 アートビル2F(1F スターバックス)
TEL:045-661-1542
買取専用フリーダイヤル:0120-231-543
E-MAIL:dy@diskunion.co.jp
営業時間:11:00~20:00

友だち追加数
馬車道通りのジャズ専門店
diskunion 横浜関内ジャズ館
045-661-1542
通販・買取、お気軽にお問い合わせください
〒231-0014 横浜市中区常盤町4-45 アートビル2F

diskunion 横浜関内ジャズ館