≪新品CD≫ 伝説の和物ジャズ・アルバム『 王様の足許に跪く女』を世に送り出した女流ピアニスト/コンポーザー「西島芳」によるピアノ・トリオ最新作! | diskunion 横浜関内ジャズ館ブログ
伝説の和物ジャズ・アルバム『 王様の足許に跪く女』を世に送り出した女流ピアニスト/コンポーザー「西島芳」によるピアノ・トリオ最新作!
●西島 芳 / ホワイト・イン・ダーク / DIW THE GRACE / CD / DG1003 / 2,625円

伝説の和物ジャズ・アルバム『 王様の足許に跪く女』を世に送り出した女流ピアニスト/コンポーザー「西島芳」によるピアノ・トリオ最新作『ホワイト・イン・ダーク』リリース!
透明感と柔らかな暖かみのあるピアノの音色、情景を映し出すような世界観に満ちたメロディで綴られる西島芳の楽曲をスウェーデン在住の日本が誇るベーシスト「森泰人」、世界トップレベルの実力派ドラマー「アンダーシュ・シェルベリ」がサポートする。
オープニングの「Abisko 」では、流れるようなテーマのリフレインが印象的で、コンポジションの美しさと三者のイマジネーション溢れるインタープレイが見事に調和したサウンドを聴かせてくれる。M-3「Evening -Styrsö- 」、ゆっくりと流れる空気感、加飾の無いシンプルなアレンジに揺蕩うように響くハミングと歌声、西島芳のフィルターを通した情景は、絵画のような温もりと柔らかさを持ち、フォトグラフに写した幻想的なランドスケープが浮かぶような楽曲。ラストナンバーのタイトル曲「White in Dark」は深々とした静寂に舞う雪のようなピアノのバッキングと淡く煌めくシンバルの音をバックに、深みのあるアルコが寂寥感を湛えたメロディを奏でる印象的なトラックに仕上がっている。
ジャズはもとより音楽と言うジャンルを越え、現代美術や陶芸など異分野のアーティストからのインスピレーションを受け培われてきた「ピアニスト西島芳」。スウェーデンの地からのインスパイア、同地へのオマージュを感じさせるオリジナルの数々は、森泰人-アンダーシュ・シェルベリというクリエイティヴなプレイヤーによる演奏とアイデア、そしてレコーディングからマスタリングまでを行ったスウェーデンの名門スタジオ「Nilent」で磨き上げられ、この上なく美しいサウンドで本作「White in Dark」に収録されている。

西島芳  (piano,voice)
森泰人      (contrabass)
アンダーシュ・シェルベリ (drums)

1. Abisko 8:45
2. arrival 4:57
3. Evening -Styrsö- 4:03
4. So addictive 4:36
5. Goodbye the days we used to be 6:01
6. Blue sky 6:44
7. Time Together 5:39
8. Toi-machi - Come Rain Or Come Shine10:13
9. White in Dark 8:45


■お問い合わせはお気軽にどうぞ♪
ディスクユニオン横浜関内ジャズ館
〒231-0014 横浜市中区常盤町4-45 アートビル2F(1F スターバックス)
TEL:045-661-1542
買取専用フリーダイヤル:0120-231-543
E-MAIL:dy@diskunion.co.jp
営業時間:11:00~20:00

友だち追加数
馬車道通りのジャズ専門店
diskunion 横浜関内ジャズ館
045-661-1542
通販・買取、お気軽にお問い合わせください
〒231-0014 横浜市中区常盤町4-45 アートビル2F

diskunion 横浜関内ジャズ館