本日入荷!! ≪澤野工房 LP≫ PHIL WOODS / ALIVE AND WELL IN PARIS フィル・ウッズ・アンド・ヒズ・ヨーロピアン・リズム・マシン | diskunion 横浜関内ジャズ館ブログ
★新品LP★ 入荷いたしました!! 

PHIL WOODS / ALIVE AND WELL IN PARIS

澤野工房の真骨頂、オリジナル復刻シリーズの特別な一枚がここに誕生する。フィル・ウッズ&ヨーロピアン・リズム・マシーンの「名盤」“Alive and Well in Paris”

●PHIL WOODS / ALIVE AND WELL IN PARIS フィル・ウッズ・アンド・ヒズ・ヨーロピアン・リズム・マシン 澤野工房 / SPTX340844 / 2013年8月30日発売予定 / 価格 3,990円(税込)

●STEREO
●180g重量盤LP

澤野工房の真骨頂、オリジナル復刻シリーズの特別な一枚がここに誕生する。フィル・ウッズ&ヨーロピアン・リズム・マシーンの「名盤」“Alive and Well in Paris”

*本作品ライナーより抜粋*
ウッズを支えるリズム・セクション-ジョルジュ・グルンツ(p)、アンリ・テキシュ(b)、ダニエル・ユメール(ds)もリズム・マシンの看板に偽りなく、正確にして、躍動的。覇気に満ちた演奏に終始する。フィル・ウッズは、おそらくソニー・スティットと並んで、最もワン・ホーンのリーダー作が多いジャズマンの一人であり、かつ、いつ聴いてもアベレージが下がることのないプレイヤーである。Alive and Well in Parisは、そのキャリア全体を見渡しても非常に完成度が高く、けだし、史上屈指のワン・ホーン・カルテット・アルバムと言って良いだろう。彼は1931年生まれであるから、録音当時は30代後半、最も血気盛んな時期であった。そして、2013年7月現在、彼のHPには未だにライブのスケジュールが掲載されている。80歳でエベレストの頂を極めたお人も凄いけれど、アルト一本で我々をかくも長きにわたって感動させてくれるフィル・ウッズも物凄い。まさにリヴィング・レジェンド…生ける伝説、と呼ぶべき人物である。今後も健在で活躍して欲しいものだと、心から祈らずにはいられない。(メーカーインフォ)

Phil Woods : alto sax
George Gruntz : piano
Henri Texier : bass
Daniel Humair : drums

FACE 1 (Side A)
1. And When We Are Young
(Dedicated to Bob Kennedy)
2. Alive And Well

FACE 2 (Side B)
1. Freedom Jazz Dance
2. Stolen Moments
3. Doxy

録音年:1968年 発売日:2013.8.30 


■お問い合わせはお気軽にどうぞ♪
ディスクユニオン横浜関内ジャズ館
〒231-0014 横浜市中区常盤町4-45 アートビル2F(1F スターバックス)
TEL:045-661-1542
買取専用フリーダイヤル:0120-231-543
E-MAIL:dy@diskunion.co.jp
営業時間:11:00~20:00

友だち追加数
馬車道通りのジャズ専門店
diskunion 横浜関内ジャズ館
045-661-1542
通販・買取、お気軽にお問い合わせください
〒231-0014 横浜市中区常盤町4-45 アートビル2F

diskunion 横浜関内ジャズ館