【新品CD】知る人ぞ知る注目のコンポーザー:ルスラン・シロタの最新作品!!!! | diskunion 横浜関内ジャズ館ブログ
RUSLAN SIROTA / LIFETIME AWAY
335 Records / US / CD / 335R1903 / 0888295918527 / 2,100円+税

1980年ウクライナ生まれ、20代半ばの2004年、スタンリー・クラーク・バンドに正式加入し、自身も楽曲提供をした『The Stanley Clarke Band featuring Hiromi』で第53回グラミー賞、ベストコンテンポラリージャズアルバム賞を受賞。同世代のカマシ・ワシントン界隈のウェスト・コースト・ゲット・ダウンの一員としても活動する他、近年、ラリー・カールトンのバンド・メンバーにも加わったルスラン・シロタの最新作品。

誰もがうらやむ人気バンドのメンバーとしての活躍は実力とセンスの証。来日時のルスラン自身、“毎日どこかのバンドで演奏するために旅をしている”、と語っていましたが、今や現代屈指の忙しさを誇るキーボード奏者と言っても過言でないでしょう。

本作は、2011年にリリースしたファースト・アルバムに続く第2弾。 チェルノブイリからの影響や自国の経済的問題といった社会的状況によりウクライナからイスラエルに移住したのち、ボストン/バークリーで学び、ウェスト・コーストへ。ウェスト・コーストを主な活動拠点にし、クロスオーバーのフィールドで活躍するアーティストたちが多く参加した注目作品。映画音楽にも影響を受け、ジャズへの尽きないパッションをもつルスランらしく、本作は、その2つの要素が織なされた作品。

軽やかなリズムと効果的なシンコペーション、美しいタッチが、デイヴ・グルーシンあたりにも通じる世界観を感じさせるオープニングから、コンポーザーとしての才能を感じさせます。一方、マイケル・フランクス的なAOR の風合いを感じさせる楽曲あり、ラテンのビートを織り込む場面あり、リターン・トゥ・フォーエバー辺りを彷彿とさせるクロスオーバー/ プログレ的なサウンドあり。しかし、どの曲もビジュアルを喚起させるものがあり、そのクリエイターとしてのセンスを感じさせます。(輸入元情報)


【パーソネル】
John Patitucci(b), Jimmy Haslip(b), Bob Mintzer(sax), Brandon Fields(sax), Gary Novak(ds), Peter Erskine(ds), Mike Miller(g), Ben Shepherd(b), Brijesh Pandya(ds)




2019年9月30日以前のブログの商品リストの価格は消費税8%で表記されております。
同年10月1日以降はご購入時に消費税10%に再計算されますので、予めご了承ください。


ディスクユニオン横浜関内ジャズ館


〒231-0014 横浜市中区常盤町4-45 アートビル2F(1F スターバックス)
TEL:045-661-1542
買取専用フリーダイヤル:0120-231-543
E-MAIL:dy@diskunion.co.jp
営業時間:11:00~20:00





馬車道通りのジャズ専門店
diskunion 横浜関内ジャズ館
045-661-1542
通販・買取、お気軽にお問い合わせください


TEL:045-661-1542
e-mail : dy@diskunion.co.jp
営業時間:11:00~20:00

・JR京浜東北・根岸線「関内駅」北口から徒歩3分 ・横浜市営地下鉄「関内駅」9番出口から徒歩0分 ・みなとみらい線「馬車道駅」5番出口から徒歩5分