【新品CD】現在のシカゴ・ジャズを牽引するサックス奏者、グレッグ・ウォードによる4枚目のリーダー作!! | diskunion 横浜関内ジャズ館ブログ
グレッグ・ワード / ストンピング・オフ・フロム・グリーンウッド
BSMF RECORDS / JPN / CD / BSMF5062 / 4546266214363 / 2,400円+税

2018年、新世代ジャズの鬼才ドラマー、マカヤ・マクレイヴンの来日にも同行し、共に現在のシカゴ・ジャズを牽引するサックス奏者、グレッグ・ウォードによる4枚目のリーダー作。前作のビッグバンドとは違い、今回はシカゴの気鋭ミュージシャンを集めた新バンド、ローグ・パレードとしてのリリース。

NYの人気トランペッター、デイヴ・ダグラスをプロデューサーに迎え、ツインギターのユニークな編成のクインテットでコンテンポラリーなジャズ/フュージョンを聴かせる。オリジナルを中心に、スタンダード「Stardust」なども収録。

グレッグ・ウォードは、1982年イリノイ州ピオリア生まれのサックス奏者。大学2年の頃からシカゴのジャズクラブで演奏をはじめると、すぐにフリージャズの重鎮サックス奏者フレッド・アンダーソンの目に留まり、自身が経営する名門クラブThe Velvet Loungeのセッションホストに抜擢される。2004年、大学を卒業後、シカゴ交響楽団のために曲を書きはじめ、オ-ケストラにも参加する。2009年、ニューヨークに移住。翌年、Greg Ward’s Fitted Shards名義で初のリーダー作『South Side Story』を発表。アメリカの中西部の主要新聞シカゴトリビューンのレコーディング・オブ・ジ・イヤーに選ばれる。続く、2011年にはロバート・グラスパートリオのドラマー、ダミオン・リードを迎えたセカンドアルバム『Greg Ward's Phonic Juggernaut』を発表。これまで、ロン・カーターやウィリアム・パーカーなどのジャズアーティストだけでなく、ルーペ・フィアスコやトータス、プレフューズ73など様々なジャンルのアーティストと共演歴がある。

ディスクユニオン横浜関内ジャズ館


〒231-0014 横浜市中区常盤町4-45 アートビル2F(1F スターバックス)
TEL:045-661-1542
買取専用フリーダイヤル:0120-231-543
E-MAIL:dy@diskunion.co.jp
営業時間:11:00~20:00





馬車道通りのジャズ専門店
diskunion 横浜関内ジャズ館
045-661-1542
通販・買取、お気軽にお問い合わせください


TEL:045-661-1542
e-mail : dy@diskunion.co.jp
営業時間:11:00~20:00

・JR京浜東北・根岸線「関内駅」北口から徒歩3分 ・横浜市営地下鉄「関内駅」9番出口から徒歩0分 ・みなとみらい線「馬車道駅」5番出口から徒歩5分