≪新品CD≫ ラテンジャズ・シーンをボーダレスに旅する音楽伝道師...チューチョ・ヴァルデス待望の新作!! | diskunion 横浜関内ジャズ館ブログ
チューチョ・ヴァルデス 待望のスタジオ録音新譜!!


CHUCHO VALDES QUINTET, THE AFRO-CUBAN MESSENGERS
"BORDER-FREE"
JAZZ VILLAGE / FRANCE / DIGIPACK CD / 入荷!!! / 2,200円(税込)
 
インディアンの民族衣装に身を包んだエポックメイキングなジャケットが印象的な
チューチョ・ヴァルデス2013年最新作。全編に渡り、北アメリカ~インディアン、
アラブ=アンダルシアのネイティヴ・ミュージックにインスパイアされた
まさに「ボーダー・フリー」な新境地を開拓する一大傑作。
 
チューチョを支えるバック・ミュージシャンはラテン・グラミーにも輝いた2010年の前作
「Chucho's Steps」とほぼ同様の、現代ラテン・ジャズ~キューバン・ジャズ・シーンを
代表する鉄壁の顔ぶれがズラリと揃う。そこに今作のキーマンと言えるスペシャル・ゲスト、
ニュー・ーオーリンズ出身の気鋭テナー・サックス奏者、ブランフォード・マルサリスが
アクセントを加える。
 
2000年代屈指のラテン・ジャズ名盤と誉れ高い「Chucho's Steps」で示したアフロ回帰志向に加え、
NY~CUBAジャズ・シーンの最新トレンドを見事に昇華させたのが本作「BORDER-FREE」。
それは巡り巡ってイラケレ初期アルバムを彷彿とさせるアグレッシヴな本能を持ち合わせている。
奇しくもハード・バップ興隆期に数多のジャズ・ジャイアンツを輩出したアート・ブレイキーと
彼のレギュラー・コンボ「ジャズ・メッセンジャーズ」ならぬ、「アフロ・キューバン・メッセンジャーズ」
名義でのリリースという点も、キューバ、そしてジャズ・シーン双方の体系的な文脈として見逃せない。
まさにチューチョ・ヴァルデスこそ、現代の音楽シーンをボーダレスに旅する音楽伝道師に他ならない。
 
Chucho Valdes - piano
Reinaldo Melian Alvarez - trumpet
Dreiser Durruthy Bombale - batas, lead vocals
Rodney Barreto Illarza - drums, vocals *
Angel Gaston Joya Perellada - bass, vocals *
Yarodly bareu Robles - percussion, vocals
Branford Marsalis (appears by courtesy of Marsalis Music) - tenor sax on *
Bebo & Tabu, soprano sax in Abdel
* は本作「BORDER-FREE」より参加。


■お問い合わせはお気軽にどうぞ♪
ディスクユニオン横浜関内ジャズ館
〒231-0014 横浜市中区常盤町4-45 アートビル2F(1F スターバックス)
TEL:045-661-1542
買取専用フリーダイヤル:0120-231-543
E-MAIL:dy@diskunion.co.jp
営業時間:11:00~20:00

友だち追加数
馬車道通りのジャズ専門店
diskunion 横浜関内ジャズ館
045-661-1542
通販・買取、お気軽にお問い合わせください
〒231-0014 横浜市中区常盤町4-45 アートビル2F

diskunion 横浜関内ジャズ館