【新品CD】 NEW AMSTERDAM諸作がお求めやすい価格になって再入荷しました!!!! | diskunion 横浜関内ジャズ館ブログ
DARCY JAMES ARGUE / Infernal Machines /
NEW AMSTERDAM RECORDS / CD / 0616892006862 / 価格1,620円(税込)
※デジパック

JAZZ PERSPECTIVE VOL.2掲載商品
バンクーバー出身の35 歳で、2005 年に自己のビッグ・バンドを結成。2009 年にこの初作を発表し、昨年の「ダウンビート」批評家投票では作・編曲家と合わせて新人部門の3 冠に輝いた俊英ながら、日本ではまったく無名。サド=メルでジャズに目覚め、ボブ・ブルックマイヤーに師事したキャリアを土台に、物語性を重視した書法が個性を生んでいる。(Text by杉田 宏樹氏)

【パーソネル】
Darcy James Argue(comp), Erica von Kleist(fl, ss,as), Rob Wilkerson(fl, cl, ss, as), Sam Sadigursky(cl, ss, ts), Mark Smal(l cl, bass cl, ts), Josh Sinton(cl, bass cl, baritone), Seneca Black(tp), IngridJensen(tp), Laurie Frink(tp), Nadje Noordhuis(tp),Tom Goehring(tp), Ryan Keberle(tb)他




DARCY JAMES ARGUE / Brooklyn Babylon /
NEW AMSTERDAM RECORDS / CD / 0884501864640 / 価格1,620円(税込)
※デジパック

ブルックリンを拠点に活動する作曲家DARCY JAMES ARGUE率いるSecret Societyのセカンドアルバムがこちら。クロアチアの民謡やロック・・・など 多様なスパイスを織り交ぜたじつに先鋭的かつ独創的なビッグバンド作品。海外での評価が高いのも頷ける完成度の高い仕上がりです。

【パーソネル】
Erica von Kleist: piccolo, flute, alto flute, soprano sax, alto sax, electronics; Rob Wilkerson: flute, clarinet, soprano sax, alto sax; Sam Sadigursky: clarinet, tenor sax; John Ellis: clarinet, bass clarinet, tenor sax; Josh Sinton: clarinet, bass clarinet, contrabass clarinet, baritone saxophone; Seneca Black: trumpet, fluegelhorn; Tom Goehring: trumpet, fluegelhorn; Matt Holman: trumpet, fluegelhorn; Nadje Noordhuis: trumpet, fluegelhorn; Ingrid Jensen: trumpet, fluegelhorn, electronics; Mike Fahie: euphonium, trombone; Ryan Keberle: trombone; James Hirschfeld: trombone, tuba; Jennifer Wharton: bass trombone, tuba; Sebastian Noelle: acoustic & electric guitar; Gordon Webster: acoustic & electric piano, melodica: Matt Clohesy: contrabass & electric bass; Jon Wikan: drum set, tapan, surdo, cajón, shaker, tambourine, misc. percussion; Darcy James Argue: composer, conductor.



DARCY JAMES ARGUE / Real Enemies /
NEW AMSTERDAM RECORDS / CD / 0888295463553 / 価格1,620円(税込)
※デジパック

ダーシー・ジェームス・アーギューの3作目『Real Enemies』は脚本家Isaac Butlerと映画監督Peter Nigriniとのコラボレーションが契機になっている。キャスリン・オルムステッドが2009年に出版した「Real Enemies:陰謀論とアメリカ民主主義、第一次世界大戦から9/11まで」からインスパイアされた本作は1910年代から現代までの100年を音によって描いたものであるのかもしれない。クラシックはいうまでもなく、トラディショナルなスウィングジャズから、サド・ジョーンズ=メル・ルイスやボブ・ブルックマイヤー的なビッグバンドから、サン・ラを思わせるスペイシーなフリージャズアンサンブル、更にヒップホップのサンプリングネタ的な80年代のジャズファンク、更にジャズロック、ラテンジャズまでをもマッシュアップしながらストーリーを編んでいく手法は、前作以上に自由で完成されている。それが古臭い絵巻ではなく、現代的なサウンドストーリーになっているのはダーシー特有のエフェクティブなアンサンブルと、ヴィンテージのシンセやくすんだトーンのギターなどによる徹底的なテクスチャーと音響感覚へのこだわりだろう。ビッグバンドという楽器の可能性を示した重要作だ。

【パーソネル】
Dave Pietro - piccolo, flute, alto flute, bass flute, soprano sax, alto sax
Rob Wilkerson - flute, clarinet, soprano sax, alto sax
Sam Sadigursky - E♭ clarinet, B♭ clarinet, A clarinet, tenor sax
John Ellis - clarinet, bass clarinet, tenor sax
Carl Maraghi - clarinet, bass clarinet, baritone saxophone

Seneca Black - trumpet, flugelhorn
Jonathan Powell - trumpet, flugelhorn
Matt Holman - trumpet, flugelhorn
Nadje Noordhuis - trumpet, flugelhorn
Ingrid Jensen - trumpet, flugelhorn

Mike Fahie - trombone
Ryan Keberle - trombone
Jacob Garchik - trombone, tuba
Jennifer Wharton - bass trombone, tuba

Sebastian Noelle - acoustic & electric guitar
Adam Birnbaum - acoustic & electric piano, FM synth
Matt Clohesy - contrabass & electric bass, bass synth
Jon Wikan - drum set, cajón, misc. percussion

James Urbaniak - narrator on Who Do You Trust? and You Are Here reprise
Darcy James Argue - composer, conductor



DANIEL WOHL / Holographic
NEW AMSTERDAM RECORDS / CD / 0888295345767 / 価格1,620円(税込)
※デジパック

エドガー・ヴァレーズとアルカを一直線に繋げるダニエル・ウォールのサウンドは、20世紀の現代音楽とテン年代のデジタル・ミュージックにおける血縁関係を教えてくれる。色鮮やかであると同時に無機質なパーカッションが、繊細に構築された電子音響と融合することで達成されたエクスペリメンタル・ミュージックは唯一無二だ。最先端の無調音楽だけが持つ、ポスト・ヒューマン的なロマンティシズムがここにはある。NYのミニマルミュージックグループ、バング・オン・ア・カンなどがフィーチャーされ、生演奏とサンプリングとエレクトロニクスが入り混じる「Holographic」では、現代音楽とエレクトロニックミュージックのミニマリズムがクールネスが折り重なりながらも、一方で教会音楽的な響きが挟まれる瞬間もあり、時にエモーショナルでもある。共同プロデュースにBedroom Communityからのリリースで知られ、ベン・フロストやワンオートリックス・ポイント・ネヴァーやベンフロストとの仕事でも知られるポール・コーリー。

【Personnel】
Daniel Wohl - composer, electronics, keybords(Formless Progression)& additional vocals on Source
BANG ON CAN ALL-STARS
Ashley Bathgate, Robert Black, Vicky Chow, David Cossin, Derek Johnson, Ken Thompson
IKTUS PERCUSSION
Chris Graham, Piero Guimaraes, Josh Perry, Justin Wolf
MANTRA PERCUSSION
Joe Bergen, Ai Cerulo, Chris Graham, Michael McCurdy, Jude Traxler, Owen Weaver, Nick Woodbury
MIVOS QUARTET
Olivia De Prato -violin
Victor Lowrie -viola
Joshua Modney -violin
Mariel Roberts-cello
Olga Bell - voice
Caroline Shaw- voice



FINNEGAN SHANAHAN / Two Halves /
NEW AMSTERDAM RECORDS / CD / 0888295379342 / 価格1,620円(税込)
※ペーパースリーヴ

スフィアン・スティーブンスmeetsオーウェン・パレットと評することさえできる夢のようなチェンバー・ミュージックを作り上げた、若干22歳のマルチ・インストゥルメンタリスト、フィネガン・シャナハンのデビュー作が本作だ。トラディショナルなアメリカ音楽とクラシック~現代音楽をこともなげに接続させながら、インディー・ロック的なコンテクストとも矛盾しない越境的なサウンドを演奏するのは、彼が創立メンバーでもあるアンサンブル、コンテンポラネオスだ。管弦楽アンサンブルとエレクトロニクスを駆使したサウンドは、クラシカルでありながらポップでカラフル。そんなサウンドの上にフィネガン本人による切なさをはらんだ不思議な魅力のボーカルが乗る。インディー・クラシックの最先端にして大本命。そして、インディーロックやポストクラシカルのリスナーも必聴の傑作。

【Personnel】
Finnegan Shanahan:vocals, electric organ, piano, guitars
violin, viola, percussion
Matt Evans:drums, percussion
Jake Chapman:electric guitar
Pat Swoboda:electric bass
Adrienn Kántor:flute
Vicente Alexim:clarinet
Daniel Kochersberger:tenor saxophone
Cameron West:horn
Evan Honse:trumpet
Daniel Linden:trombone
Josh Henderson:violin
Sarah Haines:viola
Dylan Mattingly:cello
Douglas Friedman:electronics, sampling
David Bloom:conductor




■お問い合わせはお気軽にどうぞ♪
ディスクユニオン横浜関内ジャズ館
〒231-0014 横浜市中区常盤町4-45 アートビル2F(1F スターバックス)
TEL:045-661-1542
買取専用フリーダイヤル:0120-231-543
E-MAIL:dy@diskunion.co.jp
営業時間:11:00~20:00

友だち追加数
馬車道通りのジャズ専門店
diskunion 横浜関内ジャズ館
045-661-1542
通販・買取、お気軽にお問い合わせください
〒231-0014 横浜市中区常盤町4-45 アートビル2F

diskunion 横浜関内ジャズ館