【新品LP】もはや事件!!仏史上一番最初のフリー作品が初リイシュー!!!!!!!!! | diskunion 横浜関内ジャズ館ブログ
FRANCOIS TUSQUES フランソア・テュスク / Free Jazz
CACOPHONIC / UK / 20CACKLP / 5060099506666 / 2,592円(税込)
※LP / ダウンロードコード付属

この瞬間を待っていました・・・!!フランスで一番最初のフリー・ジャズ・アルバムと言われ、フレンチ・フリー界最重要ピアニスト、フランソア・テュスク最難関の1枚でもある「FREE JAZZ」が50年の時を超えて遂にファースト・アナログ・リイシュー!

これは事件です!
FINDERS KEEPERS傘下に設立されたエクスペリメンタル/ジャズ/アヴァンギャルド音楽専門レーベルCACOPHONICよりフランスで一番最初のフリー・ジャズ・アルバムとも言われる作品「FREE JAZZ」が遂にアナログでリイシュー!以前にCDでリイシューされましたがジャケットが全くものに差し替えられ、ファンとしては歯がゆい思いをしましたが今回はもちろんオリジナル・ジャケットにてリイシューです!オリジナル盤は激レア、10万近くの値段で取引され、それもそのはず、その後フレンチ・フリー界を牽引する猛者達が結集したモンスター・アルバム。

音楽シーンや映画/演劇等ジャンルを超えて積極的に活動をしたフランスが生んだ異色のシャンソン歌手、コレット・マニーがディレクションを務め、フランソア・テュスクを筆頭に、後に映画・映像的な音楽性を推し進める自主レーベルGRRRを結成する特殊音楽家、ベルナール・ヴィテ。レア・レーベルFutura Recordsからも作品を発表するフランスを代表する鬼才マルチリード奏者ミシェル・ポルタル。フランソア・テュスクとドン・チェリーが共演した幻の7inch「La Maison Fille Du Soleil」でもベースを弾いたベルナード・ギューリン。テュスクと並んでフレンチ・フリー界を代表するピアニスト、ジェフ・ギルソンの自主レーベルPALMからファースト・ソロ・アルバムを発表するFrançois Jeanneauなど、当時の最先端を突き進んでいたあろう音楽家が1965年10月26日に結集。

1965年と言えばカリスマ、ジョン・コルトレーンが音楽生活のすべてをかけて創りあげた「至上の愛」を、ハービー・ハンコックが若き日の最高傑作「処女航海」で60年代ジャズの代表作を発表した年。その中でフランスの音楽家達は何を想い、どのような音は鳴らしたのか。フランスの歴史上初めてとなるフリー・ジャズ・アルバムの音、その熱気、その雰囲気、その感覚はどういったものだったのか。是非、今回のファースト・アナログ・リイシューにて歴史の当事者となってください。





【パーソネル】
Art Direction – Colette Magny
Bass Clarinet – Michel Portal
Composed By, Piano – François Tusques
Contrabass – Bernard Guérin
Percussion – Charles Saudrais
Saxophone, Flute – François Jeanneau
Trumpet – Bernard Vitet

■お問い合わせはお気軽にどうぞ♪
ディスクユニオン横浜関内ジャズ館
〒231-0014 横浜市中区常盤町4-45 アートビル2F(1F スターバックス)
TEL:045-661-1542
買取専用フリーダイヤル:0120-231-543
E-MAIL:dy@diskunion.co.jp
営業時間:11:00~20:00

友だち追加数
馬車道通りのジャズ専門店
diskunion 横浜関内ジャズ館
045-661-1542
通販・買取、お気軽にお問い合わせください
〒231-0014 横浜市中区常盤町4-45 アートビル2F

diskunion 横浜関内ジャズ館