【新品CD】美しくもミステリアスな音像。G・パッチンスキー2年振りの新作!! | diskunion 横浜関内ジャズ館ブログ
【輸入盤】
GEORGES PACZYNSKI / LE VOYAGEUR SANS BAGAGE
ARTS & SPECTACLES / ASCD161101 / 3760138470423 / 2,200円+税
【国内仕様盤】ジョルジュ・パッチンスキ / ル・ヴォヤージュ・サン・バガジェ~荷物なしの旅
ARTS & SPECTACLES / KKJ128 / 4909346014060 / 2,300円+税

美しくもミステリアスな音像

ファン待望、ジョルジュ・パッチンスキー2年振りの新作です。期待を裏切ることなくピアノ・トリオ編成。しかも、今回は、ピアノにStéphane Tsapis、ベースにMarc Buronfosseと、前作と同じメンバーが結集。もちろん、録音は、ヴァンサン・ブルレ!鉄壁のメンバーが勢ぞろいしました。

作品の路線は、前作『ル・ビュ、セ・ル・シュマン』の延長線上といえそうです。その『ル・ビュ、セ・ル・シュマン』では、パッチンスキーが、<<ある冬の夜に見た夢>>を描くという展開で、新プラトン主義の創始者であるプロティヌスの書なども登場するなど、哲学的で、謎めいた物語をさまようようなドラマを音楽として描き出してだしていましたが、本作は、ある旅人の体験した不思議な物語が背景のよう。誰もいない駅に静かに一人たたずむ旅人。駅から逆方向に動き出す列車・・・今回もそんな独特な世界観を背景にして、音楽も神秘的です。

一曲一曲、最長でも5分という長さでつづられる16編の曲は、今回も陰影、緩急のコントラストが鮮やかなサウンド。フランス人らしい思慮深く、思索的な場面もあれば、スウィンギーに転がるような音の流れあり、ワルツを思わせる場面あり。印象派的な淡い音空間あれば、キュビズムやシュールレアリスムを思わせるアブストラクトな場面あり・・・今回もパッチンスキの探究の旅は続きます。



【パーソネル】
Georges Paczynski(ds, p 15)
Stéphane Tsapis(p)
Marc Buronfosse(b)

■お問い合わせはお気軽にどうぞ♪
ディスクユニオン横浜関内ジャズ館
〒231-0014 横浜市中区常盤町4-45 アートビル2F(1F スターバックス)
TEL:045-661-1542
買取専用フリーダイヤル:0120-231-543
E-MAIL:dy@diskunion.co.jp
営業時間:11:00~20:00

友だち追加数
馬車道通りのジャズ専門店
diskunion 横浜関内ジャズ館
045-661-1542
通販・買取、お気軽にお問い合わせください
〒231-0014 横浜市中区常盤町4-45 アートビル2F

diskunion 横浜関内ジャズ館