リー・コニッツ&ケニー・ホィーラーのコンビによる99年のライブ音源! | diskunion 横浜関内ジャズ館ブログ

●LEE KONITZ / Olden Times / DOUBLEMOON / CD / DMCHR71146 / 2,376円(税込)

リー・コニッツ&ケニー・ホィーラーのコンビによる99年のライブ音源!

★ECMの諸作品の中でも名作として記憶される『Angel Song』を彷彿とさせるリー・コニッツ&ケニー・ホィーラーがコンビを組んだ1999年のライヴ音源が未発表音源を1曲プラスしてリイッシュー。
★リー・コニッツ、ケニー・ ホィーラーは、共に名実ともの大巨匠。トリスターノ一派のアーティストとして長いキャリアを築いてきたコニッツ、一方、プログレッシヴなフィールドでも道を切り拓いてきたホィーラー。その二人の個性が際立つのはもちろんですが、本演奏のキー・ ワードは、ドラムレスのカルテット編成といえましょう。バックの楽器は、ギターが、ピアノになっていますが、明確にビートを刻む楽器をのぞき、ベースがタイム ・ キープする音像には緩やかなタイム感覚と、スペイシーな感覚があり、4人の音の重なりの妙を堪能出来ます。
★それぞれ個性をもった奏者たちが、それぞれのカラー、また濃淡をもって描く重層的な音の世界。尊敬するレニー・トリスターノに捧げたM1<Lennie's>, またスタンダード曲のコード進行を下敷きにして描いたコニッツのおなじみ曲M4<Thingin'>、またのちにジョン・テイラーとの双頭アルバムのタイトル曲にもなるM2など名曲が揃った構成も魅力。
★静謐な空間にあって思慮深く、熱いパッションも込めた音の世界。
★ 現在 8 8 歳のリー・コニッツ。そのコニッツが 近年になって「『 A n g e l S o n g』は、何千と参加したアルバムがある中でも、自分の生 涯 最高のもの」とも語っているとのこと。ホィーラーは 2014 年、惜しくも 84 歳の生涯を閉じましたが、この録音を聴くと、このコンビがどれだけ特別であったかも浮かび上がります。今だからこそ再び注目したい復刻作品です。
(メーカーインフォより)

1. Lennie ́s (Konitz) (08:14)
2. Where Do We Go From Here(Wheeler) (07:34) 
3. Kind Folk (Wheeler) (08:32) 
4. Thingin ́(Konitz) (14:34) 
5. On Mo (Wheeler) (09:32) 
6. Olden Times (Wheeler) (04:21) 
7. Aldebaran(Plumer) - Play Fiddle Play(Lawrence / Atman / Deutsch) (03:59) 
8. Kary ́s Trance(Konitz) (08:55) 
9. Bo So(Wunsch) (06:18)Extra Track - Previously unreleased) 
10. No Me(Wunsch) (06:29) 




■お問い合わせはお気軽にどうぞ♪
ディスクユニオン横浜関内ジャズ館
〒231-0014 横浜市中区常盤町4-45 アートビル2F(1F スターバックス)
TEL:045-661-1542
買取専用フリーダイヤル:0120-231-543
E-MAIL:dy@diskunion.co.jp
営業時間:11:00~20:00

友だち追加数
馬車道通りのジャズ専門店
diskunion 横浜関内ジャズ館
045-661-1542
通販・買取、お気軽にお問い合わせください
〒231-0014 横浜市中区常盤町4-45 アートビル2F

diskunion 横浜関内ジャズ館