Branford Marsalis、ヴォーカルを率いたスタンダード集を発表!! | diskunion 横浜関内ジャズ館ブログ
BRANFORD MARSALIS/KURT ELLING / UPWARD SPIRAL / MASTERWORKS / US / CD / 530688 / 価格1,836円(税込)

マルサリス・カルテットWith当代随一のシンガーカート・エリング!
珠玉のスタンダードを届ける!!

現代のジャズ・サックス界最高峰ともいえるブランフォード・マルサリスと、当代随一のシンガーカート・エリングがタッグを組んだ両者にとっての最新作。

ブランフォード・マルサリスと、その最強カルテット・メンバー、ジョーイ・カルデラッツォ(p)、エリック・レヴィス(b)、ジャスティン・フォークナー(d)に、あたかも5つめの楽器としてカート・エリングのボーカルがフィーチャーされ、単なるコラボレーションに留まらない珠玉のアンサンブルでスタンダード・ナンバー、そしてこれからのスタンダードになり得る名曲を奏でる。ふくよかで、そして理知的な音と声の共演だ。

カルテット内の雑談から今作の企画は始まった。
バンドにとってのベスト・シンガーを語り合っていたところ、マルサリスが挙げたのがカート・エリングであった。もともと知己であった二人にとってこの企画はごく自然な流れで実現し、ニューオリンズにて1週間のごく短い期間で集中的にレコーディングされた。

選曲は双方によるもので、オスカー・ブラウン「Long as You」、スティング「PracticalArrangement」、ボサノバの人気曲「Só Tinha de Ser Com Você」、ナット・キング・コールの歌唱で知られる「Blue Gardenia」などはマルサリスによる発案。一方、「Blue Velvet」やソニー・ロリンズ「Doxy」などはエリングの発案によるもの。

メンバーに課せられたのは’長くリードを取り過ぎないこと’だけだそうで、5人の個性が小気味よく顔を出す様は実に楽しい。殊に、共に”歌う”マルサリスのサックスも聴きどころ。

メンバー全員が、秀逸な曲のメロディとビートを尊重してプレイしており、親しみやすいスタンダード集でありながら、上等な質感を伴ったアルバムに仕上がっている
(メーカーHPより)



パーソネル
ブランフォード・マルサリス (sax)
ジョーイ・カルデラッツォ(p)、
エリック・レヴィス(b)、
ジャスティン・フォークナー(d)
カート・エリング (vo)




■お問い合わせはお気軽にどうぞ♪
ディスクユニオン横浜関内ジャズ館
〒231-0014 横浜市中区常盤町4-45 アートビル2F(1F スターバックス)
TEL:045-661-1542
買取専用フリーダイヤル:0120-231-543
E-MAIL:dy@diskunion.co.jp
営業時間:11:00~20:00

友だち追加数
馬車道通りのジャズ専門店
diskunion 横浜関内ジャズ館
045-661-1542
通販・買取、お気軽にお問い合わせください
〒231-0014 横浜市中区常盤町4-45 アートビル2F

diskunion 横浜関内ジャズ館