●新品CD●コンテンポラリー・ギターの大注目作!!!!ギラッド・ヘクセルマン全面トリオでの新作が遂に発売! | diskunion 横浜関内ジャズ館ブログ

●GILAD HEKSELMAN / HOMES / Jazz Village / CD / JV570058 / 3149027004121 / 2,300円+税

ポスト・パット・メセニー、ポスト・カート・ローゼンウィンケルという形容がなされる現在、数々のギタリストが群雄割拠する中で頭一つ抜け出た感が濃いギラッド。
S m a l l s R e c o r d s から2 作品をリリースした後、Harmonia Mundi 傘下であるLe Chant duMondeへ移籍。その後、同じくHarmonia Mundi が新しく立ち上げたJazz Village に自然移行して、本作は第2作目。2年振りの作品となります。
注目すべきは、全曲ギター・トリオであること、そして、不動のメンバーであるということでしょう。(※2 曲/ ジェフ・バラード参加)。『Hearts Wide Open』及び『This Just In』では、どちらもMark Turner がゲストで参加していましたが、今回は12曲全曲がトリオによる演奏。これは、デビュー作以来のものとなり、実に約10年振りのことになります。そして、本作には、10年の時を経たギタリストのマイルストーンといえるものが記録されました。
透明感と浮遊感が溢れる音色と、牧歌的な雰囲気をもったコンポジション。コード・ワークとソロ・フレーズを重ね合わせ、面としてのハーモニーと線となるフレージングを巧みに織り合わせて行く奏法は、一作ごとにソフィスティケイトされ、確実にアップデイトされていく印象。ジョー・マーチン、そしてマーカス・ギルモアとも演奏を重ねて、“あうんの呼吸"の域に達してきている他、三者で世界を拡張していく様は、正にレギュラー・バンドとしての貫禄でしょう。特に、シンプルなドラム・ソロから、畳みかけるような高速のフレージングと間を活かした演奏で、劇的な展開を見せて行くM3 は、ドラムもツイン・ドラムとなった強力トラック。また数々のオリジナルに加えて、バド・パウエルのバップ・ナンバーや、バーデン・パウエルのブラジリアン・ナンバーをフィーチャーしている点なども興味が尽きません。
ちなみにM10は言わずと知れたパット・メセニーの大名曲。シンセを効果的に使ってオーケストラ的に描いたオリジナルをシンプルにトリオで描いたところも、注目です。

Gilad Hekselman - Guitars
Joe Martin - Bass
Marcus Gilmore - Drums (except track 10)
Jeff Ballard - Drums (tracks 3, 10)

1.Homes
2.Verona
3.KeeDee
4.Home E-minor
5.Space
6.Cosmic Patience
7.Eyes to See
8.Parisian Thoroughfare
9.Samba Em Prelùdio
10.Last Train Home
11.Dove Song
12.Place Like No Home



■お問い合わせはお気軽にどうぞ♪
ディスクユニオン横浜関内ジャズ館
〒231-0014 横浜市中区常盤町4-45 アートビル2F(1F スターバックス)
TEL:045-661-1542
買取専用フリーダイヤル:0120-231-543
E-MAIL:dy@diskunion.co.jp
営業時間:11:00~20:00

友だち追加数
馬車道通りのジャズ専門店
diskunion 横浜関内ジャズ館
045-661-1542
通販・買取、お気軽にお問い合わせください
〒231-0014 横浜市中区常盤町4-45 アートビル2F

diskunion 横浜関内ジャズ館