●新品CD●ピアニスト/オルガン奏者マイク・ルドーンの最新作!! P・バーンスタイン、E・アレキサンダー参加!! | diskunion 横浜関内ジャズ館ブログ

●MIKE LEDONNE / Awwlright! / SAVANT / US / CD / SCD2148 / 2,160円(税込)

1956年生まれ、レーベル看板のピアニスト/オルガン奏者、マイク・ルドーンの最新作!
エリック・アレキサンダー、ピーター・バーンスタインにジョー・ファーンズワースによるこれまたおなじみのメンバーが揃ったグルーヴァー・クァルテットは、かれこれ15 年の活動歴。そして毎週火曜は、NY の名クラブSmoke でレギュラーバンドとして演奏中。メンバーの結束力は言うまでもなく、お互いは知りも知り尽くした仲といえます。

しかし、そんな長く密接な活動の中でも、リーダーのルドーンにとって、本作はひと際、意味あるものとなったようです。ルドーン自身、“本作は今までの作品と比べて、完全に新しいレベルになった”とも言っています。というのも、バンドのサウンドは、Smokeでの数ヵ月の演奏で発展していていったとのこと。

また新しい曲にも挑戦し、2曲では、ボブ・クランショーとジェレミー・ペルトを招き、新しいバンド・サウンドを実現。トランペッターのペルトを迎えることによって、管楽器にカラフルな色彩が生まれた他、ベーシスト、クランショウを迎えることで、ルドーンは自らがベースラインを演奏する役割から解放され自由に演奏を繰り広げることにも成功。

アレンジに対するこだわりも注目。スピナーズのM2 や、M3 のといったソウルフル・メロウ・ナンバーをスウィンギーなリズムで、見事ジャズ曲に描きかえて行きます。そして名バラードナンバーとして知られるM7 も も同様。この曲は、障害をもって生まれ、わずかな単語以外話すことができず、言葉を介するコミュニケーションを苦手とする愛娘への思いを込めたとのことですが、そうした思いを込めたルドーンにとって、やはり、これは、自らの表現であるジャズ・アレンジで演奏するのが自然だったのでしょう。

オリジナルとソウルなナンバーと合い交えつつ、ルドーンらしい、ジャズへの愛情、スウィング、ブルースのよさを込めた一作。ベースとトランペットをフィーチュアしたサウンドも追究して行きたいとのこと。長年のグループで、今後も極めた演奏を聴かせてくれそうな予感です。(新譜案内より)

-member-
Mike LeDonne(org)
Eric Alexander(ts)
Peter Bernstein(g)
Joe Farnsworth(ds)

Special Guests :
Bob Cranshaw(b, tracks1 & 5)
Jeremy Pelt(tp, tracks 1, 5 & 8)



■お問い合わせはお気軽にどうぞ♪
ディスクユニオン横浜関内ジャズ館
〒231-0014 横浜市中区常盤町4-45 アートビル2F(1F スターバックス)
TEL:045-661-1542
買取専用フリーダイヤル:0120-231-543
E-MAIL:dy@diskunion.co.jp
営業時間:11:00~20:00

友だち追加数
馬車道通りのジャズ専門店
diskunion 横浜関内ジャズ館
045-661-1542
通販・買取、お気軽にお問い合わせください
〒231-0014 横浜市中区常盤町4-45 アートビル2F

diskunion 横浜関内ジャズ館