●新品CD●「Dr. JAZZ」ことベン・シドランが立ち上げた幻のジャズレーベル「GO JAZZ」復刻シリーズがスタート。 | diskunion 横浜関内ジャズ館ブログ
 
ボズ・スキャッグス、スティーヴ・ミラーと並び70年代西海岸ロックを牽引し、ジャズをはじめとする様々な音楽スタイルを魔法のように融合させる「Dr. JAZZ」ことベン・シドランが、30年ほど前に立ち上げ、自ら指揮を執っていた幻のジャズレーベル「GO JAZZ」復刻シリーズがスタート!

【ディスクユニオン限定特典】
「GO JAZZ」復刻シリーズの中からいずれか1枚を御買い上げの方に7/25(土)に開催される「今、GO JAZZは行く!すべての音楽ファンのボーダーを越えて」の¥500割引券をプレゼント
※7/25(土)開催のイベントのみの割引券となります。

■GO JAZZ Project復刻記念イベント■
・・・・・・・・・・・・
今、GO JAZZは行く!すべての音楽ファンのボーダーを越えて
7月25日(土)開催決定
四谷「いーぐる」にGO JAZZ!!!
90年代、ジャズの往く道を示すもジャズ界に黙殺された愛と正義の名レーベルGO JAZZ (ベン・シドラン主宰)
早過ぎたその音楽を今だからこそ聴いて語る3時間
日時:2015年7月25日(土) 15時半~18時半
(19時より近隣で懇親会 ※会費制)
入場料:800円(税込)+1ドリンク
出演:
ジャズの巨人・後藤雅洋
×
ロックの超人・吉成伸幸
×
ソウルの鉄人・吉岡正晴
会場:四谷「いーぐる」
http://www.jazz-eagle.com/information.html
四ッ谷駅から新宿方向へ徒歩3分
03-3357-9857





●ベン・シドラン / クール・パラダイス / SOMETHIN'COOL / JPN / CD / SCOL4001 / 1,852円+税

最高にクレバーでボーダーレスなジャズの先駆け
鬼才ベン・シドランの多彩な音楽を語る上でのキーワードである「クール」を高らかに宣言した記念碑的作品
ボズ・スキャッグス、スティーヴ・ミラーと並び70年代西海岸ロックを牽引し、ジャズをはじめとする様々な音楽スタイルを魔法のように融合させる「Dr. JAZZ」ことベン・シドランが、30年ほど前に立ち上げ、自ら指揮を執っていた幻のジャズレーベル「GO JAZZ」。彼の元には「JAZZ」というキーワードの下に、ジャンルを超えて互いに尊敬し高め合う、名だたるミュージシャンが集結し、その記録を残しました。
――そして現在。過去に類をみないほど慣習にとらわれずにジャズを楽しめるいま、あらためて彼の多彩で知的なプロデュース・ワークに敬意を表する復刻シリーズがスタートします。ジャズはもちろん、フュージョン、ロック、ソウル、ブルース・・・すべての音楽ファンに捧ぐ最上質のコンテンポラリー・ジャズです。

■メンバー
ベン・シドラン Ben Sidran (p, vo)
ビリー・ピーターソン Billy Peterson (b)
ゴーディ・クヌートソン Gordy Knudtson (ds)
リッキー・ピーターソン Ricky Peterson (syn)
ボビー・マラック Bobby Malach (sax)
★2015年最新リマスタリング
★歌詞・ライナーノーツ付き

1. 夢の中にステップ・イン She Steps Into A Dream (Ben Sidran)
2. サーチング・フォー・ア・ガール・ライク・ユー Searching For A Girl Like You (Ben Sidran, Leo Sidran)
3. もしも誰かが If Someone Has To Wreck Your Life (Pat MacDonald)
4. リップ・サーヴィス Lip Service (Ben Sidran)
5. ランゲージ・オブ・ザ・ブルース Language Of The Blues (Pat MacDonald)
6. クール・パラダイス Cool Paradise (Ben Sidran)
7. ディザイヤー・オブ・ラヴ Desire Of Love (Gege Telesforo, Massimo Bottini, Ben Sidran)
8. バイ・バイ・ブラックバード Bye Bye Blackbird (Mort Dixon / Ray Henderson)
9. ウォーキング・ウィズ・ザ・ブルース Walking With The Blues (Ben Sidran)
10. ソー・ロング So Long (Ben Sidaran)


●ベン・シドラン / オールド・ソングス・フォー・ザ・ニュー・ディプレッション / SOMETHIN'COOL / JPN / CD / SCOL4002 / 1,852円+税

ジャズへの大いなる敬意と挑戦
歴代の伝説的ピアニストへ贈る代表曲「ピアノ・プレイヤーズ」収録。マイルス・バンド在籍中のマーカス・ミラー、絶頂期のリッチー・コール参加
AORでの成功、フュージョン、ロック界の大スター達との交流の中にありながらベン・シドランのルーツは常にジャズにあり、そのことが周囲のミュージシャンに与えた影響ははかりしれません。本作はそのタイトル名(=現代の憂鬱に効く古き良き名曲たち?)のとおり、ジャズへの果てしない敬意を自らのスタイルに昇華させた、当時亡くなったばかりのホーギー・カーマイケルに捧げられた一枚。この頃マイルス・デイヴィス・バンド加入で一気に頭角をあらわしたマーカス・ミラー、脂の乗りきったリッチー・コールのプレイも光る、1982年作品。

■メンバー
ベン・シドラン Ben Sidran (p, vo)
マーカス・ミラー Marcus Miller (b)
バディ・ウィリアムス Buddy Williams (ds)
リッチー・コール Richie Cole (sax)
ボビー・マラック Bob Malach (sax)
ジェリー・アレキサンダー Jerry Alexander (vo)
★2015年最新リマスタリング
★歌詞・ライナーノーツ付き

1. レッツ・ゲット・アウェイ・フロム・イット・オール Let's Get Away From It All (Thomas Adair / Matt Dennis)
2. イージー・ストリート Easy Street (A. R. Jones)
3. オールド・フォークス Old Folks (D. L. Hill / Willard Robinson)
4. ターン・トゥ・ザ・ミュージック Turn To The Music (Ben Sidran)
5. ステディ・エディ Steady Eddie (Ben Sidran)
6. メイキン・ウーピー Making Whoopee (Gus Kahn / Walter Donaldson)
7. ピアノ・プレイヤーズ Piano Players (Ben Sidran)
8. ダーク・ナイト Dark Night (Ben Sidran)
9. ノスタルジア・イン・タイムズ・スクエア Nostalgia In Times Square (Charles Mingus)


●ベン・シドラン / バップ・シティ / SOMETHIN'COOL / JPN / CD / SCOL4003 / 1,852円+税

マイルス、コルトレーン、モンクらの代表曲にオリジナルの歌詞を付けて歌い上げる、ワン・アンド・オンリーの交流と才能を発揮した意欲作
ベン・シドランは彼の作品の参加ミュージシャンを見ても明らかですが、その幅広い交友関係でも知られ、トーク集も発行されたことがあるほど。マイルスの代表曲「NARDIS」の由来について問い合わせたインタビュー(逆から読むと「SIDRAN」になるエピソード)は日本でも有名。
本作は、いまでは「往年の名曲」となっている巨人たちのジャズ・オリジナルに、ベンがオリジナルの歌詞を与えた、聴いて楽しめるのはもちろん、歌っても感心できる一枚。ぜひ現代のジャズ・ヴォーカリストにもバイブルとしていただきたい。参加ミュージシャンの面々をとっても、非常に興味をそそられる1983年作品。

■メンバー
ベン・シドラン Ben Sidran (p, vo)
フィル・ウッズ Phil Woods (sax)
マイク・マイニエリ Mike Mainieri (vib)
スティーヴ・カーン Steve Khan (g)
エディ・ゴメス Eddie Gomez (b)
ピーター・アースキン Peter Erskine (ds)
★2015年最新リマスタリング
★歌詞・ライナーノーツ付き

1. ソーラー Solar (Ben Sidran / Miles Davis)
2. ビッグ・ニック Big Nick (Ben Sidran / John Coltrane)
3. イット・ディドント・オール・カム・トゥルー It Didn't All Come True (Ben Sidran)
4. シティ・ホーム City Home (Mose Allison)
5. バップ・シティ Bop City / Theme From "JAZZ ALIVE!" (Ben Sidran)
6. リトル・シェリー Little Sherry (Ben Sidran / Charlie Rouse)
7. ナルディス Nardis (Ben Sidran / Miles Davis)
8. アップ・ジャンプド・スプリング Up Jumped Spring (Ben Sidran / Freddie Hubbard)
9. モンクス・ムード Monk's Mood (Ben Sidran / Thelonius Monk)


●ベン・シドラン / ミスター・ピーズ・シャッフル / SOMETHIN'COOL / JPN / CD / SCOL4004 / 1,852円+税

それぞれの分野にて名を挙げたミュージシャン達が、それぞれのジャズの精神をアコースティックに追究した名盤の名高い1枚
「Mr. P」とはベン・シドランがかつてハモンド・オルガンで演奏していたクラブ「Mr. P's Place」のオーナーのイニシャル。ベンの息子リオ・シドランの参加にも注目。

■メンバー
ベン・シドラン Ben Sidran (p, vo)
フランク・モーガン Frank Morgan (sax)
リチャード・デイヴィス Richard Davis (b)
クライド・スタッブルフィールド Clyde Stubblefield (ds)
フィル・アップチャーチ Phil Upchurch (g)
ロスコー・ミッチェル Roscoe Mitchell (sax)
リッキー・ピーターソン Ricky Peterson (org)
ハワード・レヴィ Howard Levy (hca)
マギー・コックス Margie Cox (vo)
アレホ・ポヴェーダ Alejo Poveda (perc)
リオ・シドラン Leo Sidran (ds)
★2015年最新リマスタリング
★歌詞・ライナーノーツ付き

1. アイム・バック I'm Back (Ben Sidran)
2. ライク・ア・ボート・オン・ザ・ウォーター Like A Boat On The Water (Ben Sidran)
3. センチメンタル・ジャーニー Sentimental Journey (Bud Green / Ben Homer, Les Brown)
4. ゲット・ハッピー Get Happy (Harold Arlen, Ted Kohler)
5. ジャイヴ・サンバ Jive Samba (Nat Adderly)
6. アイム・ノット・トーキング I'm Not TalkIng (Mose Allison)
7. グローリー・オブ・ラヴ The Glory Of Love (Billy Hill)
8. ミスター・Pズ・シャッフル Mr. P's Shuffle (Ben Sidran, Leo Sidran)
9. ウォーク・ライト・イン Walk Right In (Gus Cannon, Erik Darling, Willard Svanoe, Hosea Woods)
10. ラヴァー・マン Lover Man (Jimmy Davis, Roger Ramirez, James Sherman)
11. ノー・ムーン・アット・オール No Moon At All (David Mann, Redd Evans)
12. メモリー・レーン Memory Lane (Ben Sidran)


●ボビー・マラック / ムード・スウィング / SOMETHIN'COOL / JPN / CD / SCOL4005 / 1,852円+税

"フィラデルフィアの知性派テナーによる初リーダー作
ロベン・フォード(g)が全編に参加 他、一流ミュージシャンが脇を固める前代未聞の豪華デビュー盤。"ブレッカー・ブラザーズ、スタンリー・クラークら自由でわだかまりのないミュージシャンを多く輩出してきたフィラデルフィア出身のテナー奏者、ボビー・マラックのデビュー作。フィル・ウッズの秘蔵っ子として、スティーヴィー・ワンダー、マドンナ等数々の有名レコーディング・セッションに参加するだけでなく、ホレス・シルヴァーとも共演、現在はボブ・ミンツァー・ビッグバンドのメイン・メンバーとしても活躍するなど、その活動はジャズに深く根ざしつつ、多岐にわたっている。
本作も、そんな彼のジャズ、ラテン、R&B、フュージョン、ブルースがいたるところに効果的にちりばめられており、豪華優秀メンバーがそれらの要素を最大限に輝かせている。

■メンバー
ボブ・マラック Bob Malach (sax)
ロベン・フォード Robben Ford (g)
ラッセル・フェランテ Russell Ferrante (p)
エディ・ゴメス Eddie Gomez (b)
ウィル・リー Will Lee (b)
スティーヴ・ガッド Steve Gadd (ds)
ヴィニー・カリウタ Vinny Colaiuta (ds)
ドクター・ジョン Dr. John (vo)
トム・ハレル Tom Harrell (tp)
ボブ・ミンツァー Bob Mintzer (sax)
★2015年最新リマスタリング
★歌詞・ライナーノーツ付き

1. ムード・スウィング Mood Swing (Bob Malach, Russell Ferrante, Robben Ford)
2. イン・ユア・アイズ In Your Eyes (Bob Malach, Russell Ferrante)
3. アイ・プット・ア・スペル・オン・ユー I Put A Spell On You (Jay Hawkins)
4. リトル・グーフ Little Goof (Robben Ford)
5. ワン・ヴォイス One Voice (Russel Ferrante)
6. ミスター・フォーン・ボーン Mr. Fone Bone (Bob Mintzer)
7. ワン・フォー・ペッパー One For Pepper (Russell Ferrante)
8. ホイッスル・ホワイル・ユー・ウォーク Whistle While You Walk (Russell Ferrante)
9. ザ・デューク The Duke (Russell Ferrante)


●ジョージー・フェイム / クール・キャット・ブルース / SOMETHIN'COOL / JPN / CD / SCOL4006 / 1,852円+税

クリームの輩出に代表されるイギリスのロック&ブルース・シーンで既に実績を積んでいたジョージィ・フェイムのGO JAZZ移籍第一弾作品が、待望の完全オリジナル・バージョンで復刻。
オルガンを弾きながら軽やかにブルースを歌い上げるスタイルで、オリジナル曲はもちろん、往年の名曲もさらに洗練され輝く。本国での大ヒット曲「イエー・イエー」もGO JAZZならではのアレンジで再録。現在も数年おきに来日し、日本でも幅広い層から高い評価を受け続けるジョージィの人気の秘訣が凝縮された一枚。

■メンバー
ジョージィ・フェイム Georgie Fame (p, org, vo)
ロベン・フォード Robben Ford (g)
ウィル・リー Will Lee (b)
スティーヴ・ガッド Steve Gadd (ds)
ラルフ・マクドナルド Ralph MacDonald (perc)
ボブ・マラック Bob Malach (sax)
ジョン・ヘンドリックス Jon Hendricks (vo)
ヴァン・モリソン Van Morrison (vo)
ボズ・スキャッグス Boz Scaggs (vo)
ロニー・キューバー Ronnie Cuber (sax)
ヒュー・マクラッケン Hugh McCracken (g)
マイケル・ウェイス Michael Weiss (p)
リチャード・ティー Richard Tee (org)
デニス・アーウィン Dennis Irwin (b)
★2015年最新リマスタリング
★歌詞・ライナーノーツ付き

1. クール・キャット・ブルース Cool Cat Blues (Georgie Fame / Alexander Ryan)
2. エヴリ・ノック・イズ・ア・ブースト Every Knock Is A Boost (Louis Jordan, Georgie Fame)
3. セントルイスからの道 You Came A Long Way From St. Louis (Bob Russell / John Benson Brooks)
4. ビッグ・ブラザー Big Brother (Mose Allison)
5. とどかぬ想い It Should Have Been Me (Memphis Curtis)
6. イェー・イェー Yeh Yeh (Jon Hendricks, Rodgers Grant)
7. ムーンダンス Moondance (Van Morrison)
8. キャッツ・アイ Cat's Eyes (Georgie Fame)
9. ラヴ・マイ・ライフ I Love The Life I Live (Willie Dixon)
10. サヴァイヴァル Survival (Alexander Ryan / Georgie Fame)
11. リトル・ポニー Little Pony (Jon Hendricks / Neal Hefti)
12. ロッキング・チェア Rocking Chair (Hoagy Carmichael)


●リッキー・ピーターソン / スマイル・ブルー / SOMETHIN'COOL / JPN / CD / SCOL4007 / 1,852円+税

サンボーン、プリンス、ポーラ・アブドゥル等多彩なセッションに参加
マイルスもメンバーに加えたがっていた首席キーボーディストによるハートフルなシティー・ミュージック・アルバム
デイヴィッド・サンボーン・バンドのキーボード・プレイヤーとして長年知られ最新作にも参加、プリンスとのセッション、ジョー・サンプル作品のオーケストレーション担当、セルジオ・メンデスのリズム・アレンジ等々、華々しい話題に事欠かないミネアポリスの代表ミュージシャンのひとり、リッキー・ピーターソン。他にも様々な作品を残している彼ですが、本作については、「ロックやR&Bで音楽の楽しさを知った人間の、コンテンポラリー・ジャズ」と本人が語るように、ジャズの影響を受け、より聴きどころと深みの増した一枚となっている。代表作『ナイト・ウォッチ』(Warner)発表直後の1991年作品。

■メンバー
リッキー・ピーターソン Ricky Peterson (p, org, syn, vo)
ハイラム・ブロック Hiran Bullock (g)
ドン・アライアス Don Alias (perc)
ディック・オアッツ Dick Oatts (sax)
ヴィニー・カリウタ Vinny Colaiuta (ds)
ポール・ピーターソン Paul Peterson (b, vo)
ビリー・ピーターソン Billy Peterson (b, strings)
マイケル・ブランド Michael Bland (ds)
リーヴァイ・シーサー Levi Seacer (g)
ゴーディ・クヌートソン Gordy Knudtson (ds)
ボビー・マラック Bob Malach (sax)
ビリー・フランツェ Billy Franze (g)
パティ・ピーターソン Patty Peterson (vo)
★2015年最新リマスタリング
★歌詞・ライナーノーツ付き

1. グッドバイ Goodbye (Gordon Jenkins)
2. ミッチ Mitch (Thomas Garvin)
3. 風のシルエット What You Won't Do For Love (Bobby Caldwell, Alphonse Kettner)
4. ハーフ・ライフ Half Life (Ricky Peterson)
5. ロスト・イン・ザ・スターズ Lost in The Stars (Maxwell Anderson / Kurt Weil)
6. アウト・オブ・ディス・ワールド Out Of This World (Johnny Mercer / Harold Arlen)
7. アイ・ニード・ユア・ラヴ I Need Your Love (Bill Franze)
8. アイ・キャント・シンク I Can't Think (Ben Sidran / Ricky Peterson)
9. キング・オブ・ザ・ワールド(パート1) King Of The World Pt. 1 (Ricky Peterson, Paul Peterson, Ben Sidran)
10. キング・オブ・ザ・ワールド(パート2) King Of The World Pt. 2 (Ricky Peterson, Paul Peterson, Ben Sidran)


●フィル・アップチャーチ / ホワットエヴァー・ハプンド・トゥ・ザ・ブルース / SOMETHIN'COOL / JPN / CD / SCOL4008 / 1,852円+税

ブラック・ミュージックのすべてを知り尽くしたシカゴの大家が予言した、ブルースの未来形
ブルース&ゴスペルのルーツをコンテンポラリーの最先端に昇華させるシカゴ・ブルース・ギターの大家フィル・アップチャーチのGO JAZZ移籍第一弾。
ジャズを含むブラック・ミュージック全般で数えきれないほどの著名セッションに参加してきた彼だからこそ表現できる、いまも昔もたびたび起こる「何がブルースで、何がブルースでないか」という議論を一蹴した作品。

■メンバー
フィル・アップチャーチ Phil Upchurch (g, vo)
アーサー・アダムス Arthur Adams (g)
マイケル・ブランド Michael Bland (ds)
オスカー・ブラウン・ジュニア Oscar Brown Jr. (vo)
ピー・ウィー・エリス Pee Wee Ellis (vo)
ジャック・マクダフ Jack MacDuff (org)
レス・マッキャン Les McCann - (vo)
メイシオ・パーカー Maceo Parker (sax)
リッキー・ピーターソン Ricky Peterson (syn)
ポップス・ステイプルズ Pops Staples (g, vo)
メイヴィス・ステイプルズ Mavis Staples (vo)
ザ・スティールズ The Steeles (vo)
クライド・スタッブルフィールド Clyde Stubblefield (ds)
フレッド・ウェズリー Fred Wesley (tb) 他

1. シックス・トゥ・フォー 6 To 4 (Phil Upchurch)
2. ザ・タイド・キープス・リフティング・ミー The Tide Keeps LiftIng Me (Phil Upchurch, Ben Sidran, J. D. Steele)
3. エンジェル・アイズ Angel Eyes (Earl Brent / Matt Dennis)
4. ブルース・マーチ Blues March (Benny Golson)
5. ラヴ・アンド・ピース Love And Peace (Arthur Adams)
6. オール・ブルース All Blues (Oscar Brown Jr. / Miles Davis)
7. ホワットエヴァー・ハプンド・トゥ・ザ・ブルース Whatever Happened To The Blues (Phil Upchurch)
8. ノーバディ・トゥ・ギヴ・ミー・ナッシング I Don't Want Nobody To Give Me Nothing (James Brown)
9. ゴーイング・ダウン・スロウ I'm Going Down Slow (McGee)
10. ナイス・トゥ・ハヴ・ユー・アラウンド Nice To Have You Around (Phil Upchurch)
11. フェイド・トゥ・ブラック・タイ Fade To Black Tie (Ricky Peterson, Ben Sidran)
12. スウィート・ウーマン・ブルース Sweet Woman Blues (James Van Buren)


●ウィル・リー / オー! / SOMETHIN'COOL / JPN / CD / SCOL4009 / 1,852円+税
ジェフ・ベックの参加も話題になった人気ベーシストの初リーダー作。
ジャズ~フュージョン~ロック~ファンク…すべてのファンを繋いだ超名盤。
いまや世界的ベーシストとして活躍し、24丁目バンドでの来日、渡辺貞夫バンドや矢野顕子トリオ参加で日本でも大変人気の高いベーシスト、ウィル・リーが94年に発表した記念すべき初リーダー作にして大ヒット作。ジェフ・ベックのゲスト参加のほか、盟友ハイラム・ブロック、ランディ・ブレッカー、スティーヴ・ガッドらが強力にサポート。TOTOの代表曲「ジョージー・ポージー」、ジミヘンの名曲「ドリフティン」などもカヴァーし、音楽ファンを繋いだ名盤は20年以上が経ったいまもまったく色褪せない。

■メンバー
ウィル・リー Will Lee (b, vo)
ジェフ・ベック Jeff Beck (g)
ランディ・ブレッカー Randy Brecker (tp)
ハイラム・ブロック Hiran Bullock (g)
チャーリー・ドレイトン Charley Drayton (ds)
アントン・フィグ Anton Fig (ds)
スティーヴ・ガッド Steve Gadd (ds)
ドン・グロルニック Don Grolnick (p)
バシリ・ジョンソン Bashiri Johnson (perc)
チャック・ローブ Chuck Loeb (g)
ボブ・マラック Bob Malach (sax)
ジェフ・ミロノフ Jiff Miranov (g)
クリス・パーカー Chris Parker (ds)
ポール・シェイファー Paul Shaffer (org)
ジョン・トロペイ John Tropea (g)
★2015年最新リマスタリング
★歌詞・ライナーノーツ付き

1. マリアン Maryanne (James Salucci, Jay Canfora)
2. ジョージー・ポージー Georgy Porgy (David Paich)
3. キッシング・マイ・ラヴ Kissing My Love (Bill Withers)
4. アイ・ノウ・トゥー・マッチ・アバウト・サッドネス I Know Too Much About Sadness (Will Lee, Rob Mathes)
5. ショウ・オブ・ハンズ Show Of Hands (Will Lee, Robert Mounsey, Richard Wittenmyer)
6. ビルとグレッチェンのバラード Ballad Of Bill And Gretchen (Chris Hajian, Will Lee, Rob Mathes)
7. ドリフティン Driftin' (Jimi Hendrix)
8. アイ・ケイム・トゥ・プレイ I Came To Play (Will Lee, Robert Mounsey, Richard Wittenmyer)
9. ロンリー・アヴェニュー Lonely Avenue (Doc Momus)
10. ホワイト・マン White Man (Will Lee, Deborah Silver, Chris Hajian)
11. マイ・ファニー・ヴァレンタイン My Funny Valentine (Lorenz Hart / Richard Rodgers)


●リオ・シドラン / エル・シド / SOMETHIN'COOL / JPN / CD / SCOL4010 / 1,852円+税

鬼才ベン・シドランの息子にして、ニューヨークを代表する新世代のソング・クリエイター、リオ・シドランによる現代の「ジャジー・ポップ」スタイルの先駆け的作品
ドラムをクライド・スタッブルフィールドに師事、10代からスティーヴ・ミラー・バンドに加入。父であるベン・シドランのレコーディングにも多数参加し、徹底的に音楽制作を仕込まれてきたリオ・シドラン。本作は彼が1996年に発表した2作目のリーダー・アルバムで、2000年代以降のジャズ人気を支えることになる「ジャジー・ポップ」スタイルの先駆けである点に注目していただきたい。日本ではまだあまり馴染みがないかもしれませんが、現在ニューヨークを拠点にライブ活動を行いながら、メジャー企業のCMソング、テレビ、映画音楽に引っ張りだこのソング・クリエイターであり、今後の世界的活躍にも要注目です。

■メンバー
リオ・シドラン Leo Sidran (g, vo, ds, b, p)
アンソニー・コックス Anthony Cox (b)
ゴーディ・クヌートソン Gordy Knudtson (ds)
マーク・アンダーソン Mark Anderson (perc)
リッキー・ピーターソン Ricky Peterson (p)
ジェシカ・パツケ Jessica Patzke (vo)
ボブ・マラック Bob Malach (sax)
ベン・シドラン Ben Sidran (p)
マイク・ネルソン Mike Nelson (tb)
ケニ・ホールマン Kewnny Holmen (sax)
アル・ファラシ Al Falashi (sax)
ホセ・ルイス・メディナ Jose Luis Medina (vo)
★2015年最新リマスタリング
★歌詞・ライナーノーツ付き

1. 43 コン・ピニャ 43 Con Pina
2. ホワット・ウィ・ノウ What We Know
3. ホーム Home
4. イン・ザ・スターズ In The Stars (En Las Estrellas-)
5. ベター・オフ・アローン Better Off Alone
6. オールド・イナフ Old Enough
7. プッシング・アンド・シャヴィング Pushing And Shoving
8. セビジャーナス Sevillanas
9. イット・ワズント・サポース・トゥ・ハプン・ディス・ウェイ It Wasn't Supposed To Happen This Way
10. ラ・ミタ La Mitad
11. ヒプノタイズド Hypnotized
12. グロリア Gloria
13. アイム・ゴーン I'm Gone
14. エンジョイ・ユアセルフ Enjoy Yourself
15. タイムズ・ピフォー Times Before




■お問い合わせはお気軽にどうぞ♪
ディスクユニオン横浜関内ジャズ館
〒231-0014 横浜市中区常盤町4-45 アートビル2F(1F スターバックス)
TEL:045-661-1542
買取専用フリーダイヤル:0120-231-543
E-MAIL:dy@diskunion.co.jp
営業時間:11:00~20:00

友だち追加数
馬車道通りのジャズ専門店
diskunion 横浜関内ジャズ館
045-661-1542
通販・買取、お気軽にお問い合わせください
〒231-0014 横浜市中区常盤町4-45 アートビル2F

diskunion 横浜関内ジャズ館