●新品DVD●JERRY BERGONZI、2012年録音、充実の演奏が楽しめる力に溢れたうれしい一作。 | diskunion 横浜関内ジャズ館ブログ

●JERRY BERGONZI / RIGAMAROLL / SAVANT / US / CD / SCD2149 / 1006660110 / 2,000円+税

★1947 年生まれ、今や70 歳手前ともなったジェリー・バーガンジの最新作品!毎月のように参加作品がリリースされた90 年代からもおよそ20 年の時が経ち、最近は作品の数もぐっと抑えめになりましたが、充実の演奏は全く衰えを見せていません。それどころか、ここに聴くバーガンジの演奏は、いつにも増して、しなやかなパワーがみなぎり、演奏も奔放にダイナミック!充実の演奏を聴くことができます。
★編成はトランペットとの2 管+ ピアノトリオのクインテット編成。これは、バーガンジにとってなかなかに珍しい編成。若き日にデイブ・ブルーベックのような巨匠ピアニストとの経験を積んだものの、バーガンジがピアノを入れた録音は決して多くないもの。おそらくは、ハーモニーを規制しがちなピアノという楽器は、バーガンジのように、モーダルにダイナミックなフレーズを展開するアーティストの自由を奪う可能性が大きいからでしょう。しかし、楽器的特性を超える才能があった場合、話は別物といえます。本作に参加するブルース・バースは正にそのセンスを持ったアーティスト。1958 年生まれ、現在57 歳。先日来日し、アナット・コーエンをフロントにした演奏でも素晴らしい演奏を見せてくれたバースですが、ここでも、フロントの演奏を縛ることない巧みなコードワークと、リズムは絶妙。それでありながら、グループのサウンドに厚みを持たせるのは、機知にとんだハーモニー・センスとモード感覚、瞬発力に富んだリズム感の賜物で、オーソドックスなスタイルにありながら、現代でも稀有な才能を感じさせます。
★リズム・セクションは、バーガンジが長年共演し、信頼するサントロとミケルッチ。ベーシストのラリー・グレナディアと兄弟であるトランペッター、フィル・グレナディアも快心の演奏!グループのコンビネーション、結束力も抜群。録音は2012年のものですが、プリミティヴな力に溢れたうれしい一作です。(新譜案内より)

■Jerry Bergonzi (ts), Phil Grenadier (tp), Bruce Barth (p), Dave Santoro (b), Andrea Michelutti (ds)
 
1. Awake
2. An Internal Affair
3. Rise Up
4. A Hankering
5. Tidlig
6. Rigamaroll
7. Do It To Do It
8. Lunar Aspects



■お問い合わせはお気軽にどうぞ♪
ディスクユニオン横浜関内ジャズ館
〒231-0014 横浜市中区常盤町4-45 アートビル2F(1F スターバックス)
TEL:045-661-1542
買取専用フリーダイヤル:0120-231-543
E-MAIL:dy@diskunion.co.jp
営業時間:11:00~20:00

友だち追加数
馬車道通りのジャズ専門店
diskunion 横浜関内ジャズ館
045-661-1542
通販・買取、お気軽にお問い合わせください
〒231-0014 横浜市中区常盤町4-45 アートビル2F

diskunion 横浜関内ジャズ館