★新品LP★BASSO VALDAMBRINI QUINTET 「Fonit H602 - H603」 バッソ・ヴァルダンブリーニの未発表1970年貴重音源がアナログ盤2枚組(CD付)で登場! | diskunion 横浜関内ジャズ館ブログ
アナログ2枚組+同内容のCD付!
バッソ・ヴァルダンブリーニの未発表1970年貴重音源がアナログ盤2枚組(CD付)で登場!

●BASSO VALDAMBRINI QUINTET / Fonit H602 - H603 (2LP+CD) / Rearward / RW 154LP / 4,428円(税込み)
*アナログ盤2枚組+同内容のCD付き仕様!

1950年代の初頭から共演を続けてきたジャンニ・バッソとオスカル・ヴァルダンブリーニは、その50年代の後半に双頭クインテットを結成、50年代末から60年代にかけてイタリアン・ジャズの実力を示す傑作を次々と送り出しました。

これは、ふたりのクインテットが1970年にミラノで録音した2枚のアルバムを収めたものですが、それらはいずれもライブラリー・ミュージックとして、つまり、ラジオやテレビのジングル用として貸し出すためのアルバムとしてレコーディングされたもの。そのため一般には市販されず、ジャズ・ファンにも忘れ去られていましたが、近年このクインテットへの関心が急激に高まると、これらの録音への注目度もアップし、ここにrearward から2枚のLP(CD付)として再登場することとなりました。

バッソ=ヴァルダンブリーニ・クインテットとしては最も後期となる1970年の演奏は、初期よりも余裕と貫禄を滲ませたふたりのハード・バップ的演奏と、明るいアンサンブルが聴きもの!2管のハーモニー・アレンジと、リズムによって、伝統的なものを基礎としつつも、イタリア人らしい粋とヒップさがにじみ出るのは、正にこのユニットならではでしょう。4ツ打ち的なアップテンポなナンバー辺りは、フロア受けも抜群のジャズ・グルーヴが最高にクール!

Gianni Basso (ts, cl)
Oscar Valdambrini (tp)
Ettore Righello (p)
Giorgio Azzolini (b)
Lionello Bionda (ds)

SIDE-A
1.Mick
2.Valba
3.Plinius
4.Maglione
5.Muy

SIDE-B
1.Corton
2.Invertime
3.El Gato
4.Local Times
5.From Me

SIDE-C
1.Gum
2.Gold Mine
3.Glaucus
4.Pick Up
5.Washington Bridge

SIDE-D
1.The Jolly
2.E' Molto Facile
3.Mercury
4.Costa Dell'Ovest
5.Transistor



■お問い合わせはお気軽にどうぞ♪
ディスクユニオン横浜関内ジャズ館
〒231-0014 横浜市中区常盤町4-45 アートビル2F(1F スターバックス)
TEL:045-661-1542
買取専用フリーダイヤル:0120-231-543
E-MAIL:dy@diskunion.co.jp
営業時間:11:00~20:00

友だち追加数
馬車道通りのジャズ専門店
diskunion 横浜関内ジャズ館
045-661-1542
通販・買取、お気軽にお問い合わせください
〒231-0014 横浜市中区常盤町4-45 アートビル2F

diskunion 横浜関内ジャズ館