ステファノ・ボラーニ新作!!強力メンバー集結、そしてエンジニアはアメリオです!! | diskunion 横浜関内ジャズ館ブログ

●STEFANO BOLLANI / Joy in Spite of Everything / ECM / CD / 2,400円+税

イタリアのジャズ界の父かつ師匠でもあるエンリコ・ラヴァに「まさしくピアノの詩人。」と言わさせしめたジャズ・ピアニスト、ステファノ・ボラーニの最新作。これまでもECMでソロ、トリオ、またエンリコ・ラヴァ、チック・コリアとのデュオ作など精力的に作品を発表してきたボラーニの最新作は昨年リリースしたブラジルのバンドリン奏者アミルトン・ジ・オランダとのデュオ作『O Que Sera』以来約1年ぶりとなる作品でボラーニ・トリオにビル・フリゼールとマーク・ターナーを加えたクインテットからカルテット、トリオ、デュオ演奏まで楽しめる作品。全てオリジナル曲で構成される本作は美しくリリカルな楽曲揃いでユーモアとメランコリーとが同居するのはボラーニならでは、ジャズ・ファンを魅了すること請け合い。「ビルは僕にとっては"ギター奏者"ではないんだ。彼は完璧なミュージシャンだ。彼の音楽の演奏の仕方を心から愛しているんだ。境界やジャンルなどを考えることなんか全くないんだ。彼はジャズを演奏しているんじゃなくて"音楽"を演奏しているんだ。毎晩違うものを違うレコードで演奏する試み、そういったことが僕が好き。もちろん、彼のギターのサウンドも大好きだよ。」とビル・フリゼールに関して語るボラーニ。また9月には自身の初ECMリーダー作を控えているマーク・ターナーはこれまでもFlyやBilly Hartの作品に登場してきているが、ボラーニとはエンリコ・ラヴァの2008年作品『New York Days』で共演して以来。「マークのサウンドが特別だから大好き。最近のサックス・プレーヤーは上手に演奏するけど、誰かのまねのようにも聞こえてしまうんだ。マークの出すサウンドはユニークで他の人と違う特別な声を持っているんだ。」とボラーニ。本作品を録音するスタジオでボラーニ・トリオはビル・フリゼールと初顔合わせとなり、ドラムのモルテンはマークともそこで初めて会ったとのことだが「そう言ったところがジャズの好きなところ。行ってみたら何かが始まるんだ。」とのことでその結果がこのような素晴しい作品で聴くことが出来ます!

■Stefano Bollani (piano), Mark Turner (tenor saxophone), Bill Frisell (guitar), Jesper Bodilsen (double bass), Morten Lund (drums)

1. Easy Healing 09:25
2. No Pope No Party 08:08
3. Alobar e Kudra 06:01
4. Las Hortensias 08:30
5. Vale 12:20
6. Teddy 07:07
7. Ismene 08:47
8. Tales From The Time Loop 09:36
9. Joy In Spite Of Everything 05:57



■お問い合わせはお気軽にどうぞ♪
ディスクユニオン横浜関内ジャズ館
〒231-0014 横浜市中区常盤町4-45 アートビル2F(1F スターバックス)
TEL:045-661-1542
買取専用フリーダイヤル:0120-231-543
E-MAIL:dy@diskunion.co.jp
営業時間:11:00~20:00

友だち追加数
馬車道通りのジャズ専門店
diskunion 横浜関内ジャズ館
045-661-1542
通販・買取、お気軽にお問い合わせください
〒231-0014 横浜市中区常盤町4-45 アートビル2F

diskunion 横浜関内ジャズ館