新品CD情報 | diskunion 横浜関内ジャズ館ブログ

新品CD情報のカテゴリー記事一覧

●STEVEN HERRING / Introducing / STEEPLE CHASE / CD / SCCD31873 / 2,592円(税込)
男性ヴォーカリスト Steven Herring のSTEEPLECHASEデビュー作品
商品詳細情報
本作品はジュリアード音楽院でクラシック教育受けた男性ヴォーカリスト Steven Herring のSTEEPLECHASEデビュー作品。
いわゆるジャズ・クルーナー・スタイルで、伝統的スタンダードを歌い上げている。
伴奏は標準的NYサウンドだが、へリングのヴォーカルが乗ることにより、全体にノスタルジックな空気が漂う作品となっている。
 
Personnel:
Steven Herring(vo)
Stephen Riley(ts)
Kirk Knuffke(cor)
Russ Lossing(p)
Jay Anderson(b)
ソングリスト
1. That Old Black Magic (Harold Arlen / Johnny Mercer) 6:16
2. They Didn’t Believe (Jerome Kern / Michael Rourke) 5:24
3. Begin The Beguine (Cole Porter) 4:22
4. In The Wee Small Hours (David Mann / Bob Hillard) 5:47
5. They Can’t Take That Away From Me (George Gershwin / Ira Gershwin) 5:31
6. Mona Lisa (Jay Livingston / Ray Evans) 6:52
7. The Girl From Ipanema (Antonio Carlos Jobim / Norman Gimbel) 6:23
8. They Say It’s Wonderful (Irving Berlin) 6:25
9. Poor Butterfly (Raymond Hubbell / John Golden) 8:53
10. The Nearness Of You (Hoagy Carmichael / Ned Washington) 8:53





ディスクユニオン横浜関内ジャズ館


〒231-0014 横浜市中区常盤町4-45 アートビル2F(1F スターバックス)
TEL:045-661-1542
買取専用フリーダイヤル:0120-231-543
E-MAIL:dy@diskunion.co.jp
営業時間:11:00~20:00






●ANDY FUSCO アンディ・ファスコ / Vortex / STEEPLE CHASE / CD / SCCD31875 / 2,592円(税込)
ベテラン・アルト奏者、アンディ・ファスコの最新作がSTEEPLE CHASEから登場!
商品詳細情報
アンディ・ファスコは、バディ・リッチ・ビッグバンド、ジェリー・マリガン、メル・ルイスとの共演で注目され、「BIG MAN'S BLUES(DoubleTime)」でリーダー作デビューしたNY在住のベテランアルト奏者。
本作は、as、ts、tp、tbの4管編成の整然としたアレンジと熱いソロまわしで聴かせる、ベテランの余裕を感じる作品となっています。
アレンジの大半を担当しているウォルト・ワイスコフ(ts) の参加も注目。
Personnel:
Andy Fusco(as)
Walt Weiskopf(ts)
Joe Magnarelli(tp)
John Mosca(tb)
Peter Zak(p)
Mike Kahn(b)
Jason Tiemann(ds)
ソングリスト
1. Vortex
2. Friends And Neighbors
3. Spring Can Really Hang You Up The Most
4. Matador
5. When Light Are Low
6. Desperado
7. In Your Own Sweet Way
8. All Or Nothing At All
9. Tailspin
10. Windows





ディスクユニオン横浜関内ジャズ館


〒231-0014 横浜市中区常盤町4-45 アートビル2F(1F スターバックス)
TEL:045-661-1542
買取専用フリーダイヤル:0120-231-543
E-MAIL:dy@diskunion.co.jp
営業時間:11:00~20:00





●EXPANSIONS / Murmuration & Mosaic Special Edition / RINGS / CD / RINC50 / 2,592円(税込)
ロンドンのジャズ・カルテットEXPANSIONSの『Murmuration』と『Mosaic』を1枚にまとめた日本独自企画盤
日本独自企画盤 (輸入盤CDは、ございません。)
UKジャズに吹き荒れる風は、まだまだ止まることを知らない!!ロンドンのジャズ・カルテット
EXPANSIONSのファースト・アルバム『Murmuration』と最新作『Mosaic』を1枚にまとめた日本独自企画盤。
心地よさがあるコズミック・サウンドに、洗練されたスムースジャズは必聴!!
ポール・ウェラーをして、“僕のお気に入りの新しいバンド”と言わしめたサウス・ロンドンのカルテット。ドラムとベースのタイトなグルーヴ、ギターの滑らかなフレージングとカッティング、キーボードのスペーシーなコードの響き。シンプルなコンビネーションながら、ヘッドハンターズやウェザー・リポート、ジョニー・ハモンドから4ヒーローまで、過去のさまざまな音楽のエッセンスが散りばめられた曲構成と演奏は、まるで素晴らしいノンストップ・ミックスを聴くかのようだ。(原 雅明 ringsプロデューサー)
 
ソングリスト
1. Breakthrough 07:57
2. Pocket 5 03:51
3. Cannonball 06:55
4. Ivory Mountain 06:08
5. Dragonfly 05:05
6. Miles Away 08:34
7. Mosaic 07:02
8. Transcoso 06:14
9. Mariposa 06:41





ディスクユニオン横浜関内ジャズ館


〒231-0014 横浜市中区常盤町4-45 アートビル2F(1F スターバックス)
TEL:045-661-1542
買取専用フリーダイヤル:0120-231-543
E-MAIL:dy@diskunion.co.jp
営業時間:11:00~20:00





●ORTANCE オルタンス / Escargot エスカグロ / APOLLO SOUNDS(JAZZ) / CD / APLS1908 / 2,700円(税込)

坪口昌恭/西田修大/大井一彌による、人力テクノ・ミクスチャー・ユニット、”Ortance”始動!!
商品詳細情報
多彩なキーボードプレイを持ち味としオルタネイティブな現代ジャズを実践してきた坪口昌恭(東京ザヴィヌルバッハ、DC/PRG)、ギタリストとしてハイセンスなロックフィールをアピールする西田修大(中村佳穂グループ、石若駿SongBook)、ダブ・ステップの影響下にあるハイパーなドラミングでクラブを沸かせる大井一彌(yahyel、DATS)による、人力テクノ・ミクスチャー・ユニット、”Ortance”始動!!
坪口のストイックなピアノプレイやダビーなシンセベース、ノイズエフェクトの要素が色濃い西田のギター、マシーナリーだからこその色気を醸し出す大井のドラムなど聴き所満載の本作。これまで坪口を印象づけていたジャズ・アブストラクト/ポリリズムといったトリッキーな要素は影を潜め、リスナーが思い思いの映像やストーリーを心に描けるような、深層心理に迫るサウンドスケープを持ち味としている。
ライブではFlying Lotusのカバーなども演奏されるが、今アルバムは全て坪口の作曲であり、シンセサイザーに彩られたアンサンブルの中に、コアな要素としてアコースティック・ピアノのクラシカルな音構造が息づいている。今アルバムは、まず3人でスタジオに入りピアノ&シンセ、ギター、ドラムといったベーシックトラックを録音。その際わざとテンポを変えて演奏したものを戻したり、そもそもテンポを揺らがせて演奏するなど、ビートの概念をくつがえすアイデアが随所に施されている。
この音源を元に、ヴォーカルにermhoi(Black Boboi)、Kiala(Kodäma)を迎え、3カ月間かけて坪口自らポストプロダクションとミックスをおこない、ジャンルを横断する
オリジナルミュージックが誕生した。
坪口昌恭(Masayasu Tzboguchi):Synthsizer, Synth.Bass, Piano
西田修大(Shuta Nishida):Guitar, Effect(from 中村佳穂Band, 石若駿SongBook)
大井一彌(Kazuya Oi):Drums with Trigger System(from yahyel, DATS)
●ゲスト ermhoi(Black Boboi)、Kiala(Kodäma)
ソングリスト
1.Prélude pour Hortense
2.Escargot(Vocal:Kiala)
3.Muse Skip
4.Tutuala Drink
5.Baroque Pearl(Vocal:ermhoi)
6.East of Eden(Vocal:Kiala)
7.Nega Posi
8.Even Shuffle
9.Space Dragonfly
10.Black Morpho
11.Unknown Lettura





ディスクユニオン横浜関内ジャズ館


〒231-0014 横浜市中区常盤町4-45 アートビル2F(1F スターバックス)
TEL:045-661-1542
買取専用フリーダイヤル:0120-231-543
E-MAIL:dy@diskunion.co.jp
営業時間:11:00~20:00





STAN GETZ
Getz At The Gate: The Stan Getz Quartet Live at the Village Gate, Nov. 26th 1961

【輸入盤CD】
VERVE / IMPORT / CD / 7742862 / 3,132円(税込)

人気サックス奏者スタン・ゲッツの完全未発表ライヴ音源が、録音から58年の時を経て発表!

1961年11月にニューヨークのジャズ・クラブ「ヴィレッジ・ゲイト」にレギュラー・カルテットを率いて出演した際の音源を15曲収録。スティーヴ・キューン(p)~ジョン・ネヴェス(b)~ロイ・ヘインズ(ds)のカルテット編成での録音が世に出るのは今回が初めて。翌年以降、『ジャズ・サンバ』や『ゲッツ/ジルベルト』とボサ・ノヴァの大ヒット作を録音するゲッツですが、ここでは有名スタンダードやジャズマン・オリジナルを素材に、生来のスウィンガーとして縦横無尽なソロを繰り広げています。

音質も正規録音といってなんら遜色のない鮮明なサウンド。

ジャズ・ジャイアンツの未発表音源を次々に発表しているレゾナンス・レコードと、ヴァーヴ・レーベルとの共同プロジェクト。

【ソングリスト】
Disc 1
1.Announcement by Chip Monck
2.It’s Alright With Me (Cole Porter)
3.Wildwood (Gigi Gryce)
4.When The Sun Comes Out (Harold Arlen-Ted Koehler)
5.Impressions (John Coltrane)
6.Airegin (Sonny Rollins)
7.Like Someone In Love (Jimmy Van Heusen-Johnny Burke)
8.Woody ’N You (Dizzy Gillespie)
9.Blues (Stan Getz)
Disc 2
1.Where Do You Go (Alec Wilder-Arnold Sundgaard)
2.Yesterday’s Gardenias (Dick Robertson)
3.Stella By Starlight (Victor Young-Ned Washington)
4.It’s You Or No One (Jule Stine-Sammy Cahn)
5.Spring Can Really Hang You Up The Most (Tommy Wolf-Fran Landesman)
6.52nd Street Theme (Thelonious Monk)
7.Jumpin’ With Symphony Sid (Lester Young-King Pleasure)



ディスクユニオン横浜関内ジャズ館


〒231-0014 横浜市中区常盤町4-45 アートビル2F(1F スターバックス)
TEL:045-661-1542
買取専用フリーダイヤル:0120-231-543
E-MAIL:dy@diskunion.co.jp
営業時間:11:00~20:00






●DAVID KIKOSKI デヴィッド・キコスキー / Phoenix Rising / HIGHNOTE / CD / HCD7328 / 2,268円(税込)
現代NYを代表するピアニスト、デヴィッド・キコスキーのHighNoteレーベル作品登場。本作はエリック・アレキサンダー(ts)がプロデュース、参加で注目!
ロイ・ヘインズ、ミンガス・ビッグ・バンド等ビッグネームのサポートや先鋭的な「OPUS5」の活動などで知られる、現在のNYを代表するピアニスト、デヴィッド・キコスキーが、エリック・アレキサンダー(ts)のプロデュース・参加でHighNoteレーベルに登場!
CrissCrossでは、シーマス・ブレイク(ts)と組む作品が多かったが、本作は「超」正統派テナーのエリック・アレキサンダーと組み、そのアレキサンダーと共演の多いリズム隊(ピーター・ワシントン(b)、ジョー・ファンズワース(ds))を従えたワンホーン・カルテット。
オリジナル作品、スタンダード曲がバランスよく配置され、「超」正統派のストレートアヘッド・ジャズを満喫できる作品となっている。
Eric Alexander (tenor saxophone except 5)
David Kikoski (piano)
Peter Washington (bass)
Joe Farnsworth (drums)
ソングリスト
1. Phoenix Rising (6:03)
2. Kik It (5:21)
3. Wichita Lineman (5:48)
4. If I Were a Bell (7:57)
5. Emily (5:59)
6. Love for Sale (6:41)
7. My One Only Love (6:33)
8. Lazy Bird (7:26)
9. Willow Weep for Me (7:24)





ディスクユニオン横浜関内ジャズ館


〒231-0014 横浜市中区常盤町4-45 アートビル2F(1F スターバックス)
TEL:045-661-1542
買取専用フリーダイヤル:0120-231-543
E-MAIL:dy@diskunion.co.jp
営業時間:11:00~20:00






●GEORGE CABLES ジョージ・ケイブルズ / I'm All Smiles / HIGHNOTE / CD / HCD7322 / 2,268円(税込) 
伝説のサイドマン、ジョージ・ケイブルズがピアノ・トリオで新作登場!
往年のジャズファンにとって、70年代のメインストリームを支えた名手ジョージ・ケイブルズ(p)の存在は記憶に刻み込まれているはず。共演してきた巨匠は、ソニー・ロリンズ、ジョー・ヘンダーソン、デクスター・ゴードン、アート・ペッパー、フレディ・ハバード、ウッディ・ショウ、ボビー・ハッチャーソンなど枚挙にいとまがないが、特にケイブルズの名声を決定づけたともいえる、「Night at the Village Vanguard / Art Pepper('77)」、「Nights at the Keystone / Dexter Gordon ('79)」などは永遠にジャズファンのコレクターズアイテムであり続けるだろう。
本作は、近年活動を共にしているエシェット・エシェット(b)、ビクター・ルイス(ds) というベテランサイドメンとのピアノトリオアルバム。
衰えを感じさせない繊細かつ強靭なタッチが未だ健在であることを再確認させられるだけでなく、スタンダード曲以外にショーターの「Speak No Evil」、ジャコの「Three Views of a Secret」といったモダンな作品も取り上げており、ケイブルズの音楽性の奥行きを感じることできることも嬉しい。
Personnel:
George Cables (p), Essiet Essiet (b), Victor Lewis (ds)
Recorded at Sear Sound, New York, NY on October 26, 2018
ソングリスト
1. Young at Heart (6:27)
2. I'm All Smiles (6:15)
3. Speak No Evil (5:47)
4. Besame Mucho (7:50)
5. Ugly Beauty (5:59)
6. Love Is a Many Splendored Thing (7:19)
7. Celebration (5:42)
8. Three Views of a Secret (4:16)
9. Thermo (5:09)
10. Monk's Mood (3:41)





ディスクユニオン横浜関内ジャズ館


〒231-0014 横浜市中区常盤町4-45 アートビル2F(1F スターバックス)
TEL:045-661-1542
買取専用フリーダイヤル:0120-231-543
E-MAIL:dy@diskunion.co.jp
営業時間:11:00~20:00





●AVISHAI COHEN アヴィシャイ・コーエン / Arvoles / RAZDAZ RECORDS / CD / 6901881 / 1,836円(税込) 

アヴィシャイ・コーエン、待望の最新アルバムが入荷しました!
商品詳細情報
※デジパック
■今最もアツい!イスラエルのジャズ・シーンを牽引する天才ベーシスト/コンポーザー、アヴィシャイ・コーエン。昨年のオーケストラをバックに演奏したホール公演、今年2月のトリオによる来日公演を実現させ、ここ日本でも圧倒的な人気と支持を集める彼が、その才能を遺憾なく発揮した待望のニュー・アルバムをリリースする。
■アルバムのタイトル『ARVOLES』は、スペイン系ユダヤ教徒であるセファルディムの言葉、ラディーノ語で"木”を意味するという。またアヴィシャイ曰く、アルバム・ジャケットに使用されているイラストは、彼の母によるものだという。
■レコーディング・パーソネルは、今年2月の来日公演と同じ、アヴィシャイ・コーエン(ベース/ヴォーカル)、アゼルバイジャン出身のエルチン・シリノフ(ピアノ)、そしてアヴィシャイ作品ではお馴染みのイスラエル出身のドラマー、ノーム・ダウによるトリオ。このトリオ編成によるアルバムは、今回が初めてとなる。常に進化を続けるアヴィシャイだが、今作でもトリオを核としつつ、ホーン・セクションなども取り入れ、その音楽性と匠の技を新たなレベルへと引き上げている。今年2月の来日公演を観た人なら、そタイトルトラックの「Arvoles」をはじめ、ファンキーな「Simonero」や卓越した奏法を堪能できる「Face Me」など、ライヴで披露された新曲が本作に収録されていることに気づくだろう。
■限界も領域も知らない芸術性とミュージシャンシップ。アヴィシャイ・コーエンが辿り着いた新たな地平が見せる風景―-そこに『ARVOLES』がある。(新譜案内より)
ソングリスト
1.Simonero
2.Arvoles
3.Face Me
4.Gesture #2
5.Elchinov
6.Childhood (for Carmel)
7.Gesture #1
8.Nostalgia
9.New York 90's
10.Wings


ディスクユニオン横浜関内ジャズ館


〒231-0014 横浜市中区常盤町4-45 アートビル2F(1F スターバックス)
TEL:045-661-1542
買取専用フリーダイヤル:0120-231-543
E-MAIL:dy@diskunion.co.jp
営業時間:11:00~20:00





ゴドウィン・ルイス / グローバル
インパートメント / JPN / 2CD / AGIPI3643 / 4532813846439 / 2,800円+税

いまNYで最も注目される若手サックス奏者GODWIN LOUISの初リーダー・アルバムが完成!

ギラッド・ヘクセルマンやアクセル・トスカらが参加した2枚組。ジョシュア・レッドマン、クリス・ポッターらを輩出したモンク・コンペティションのファイナリストした実力の持ち主です。アルバムのタイトル「Global」が示す通り多様化する21世紀のジャズの現在を伝えるアルバム。Mulatu Astatke、Terri Lyne Carringtonのアルバムに参加し近年頭角を現わしてきた注目のジャズメンGODWIN LOUISの超重量級の2枚組ファースト・リーダー・アルバム。

【パーソネル】
Godwin Louis – alto saxophone
Billy Buss – trumpet
Obed Calvaire – drums
Gilad Hekselman – guitar
Hogyu Hwang – bass
Axel Tosca Laugart – piano
Markus Schwartz – percussion



ディスクユニオン横浜関内ジャズ館


〒231-0014 横浜市中区常盤町4-45 アートビル2F(1F スターバックス)
TEL:045-661-1542
買取専用フリーダイヤル:0120-231-543
E-MAIL:dy@diskunion.co.jp
営業時間:11:00~20:00





 
CLNUP4 クリーンナップカルテット / CLNUP4
APOLLO SOUNDS / JPN / CD / YSS-1 / 2,160円(税込)

ドラマーとして日本のジャズシーンのみならず日本のミュージックシーンにとって重要なプレイヤーに成長した石若駿が、自身のジャズのリーダー作としては約4年ぶりとなるCLNUP Quartetのアルバムをリリース!!

このカルテットの前身としては2015年12月にリーダー・アルバム『CLEAN UP』がある。リリース後には「JAZZ JAPAN AWARD」「Jazzlife DISC GRAND PRIX」「ミュージック・ペンクラブ音楽賞」の新人賞を総なめにし、さらに現代ジャズ・ギター界を牽引するカート・ローゼンウィンケルを迎えてのスペシャル・セッションが2016年6月にブルーノートにて行われた。その際にレコーディング・メンバーから井上銘、須川崇志とともに編成した“クリーンナップ・トリオ”を結成した。その時のトリオにオーストラリア人トランペッターのNiran Dasikaが加入し、Shun Ishiwaka CLNUP4(シュン・イシワカ・クリーンナップカルテット)と名前を改めて本作品がリリース。

楽曲は5曲目以外全て石若駿の作曲。近年ではSongbook Projectとしての活動で歌ものを多く書いているが、今作ではコンテンポラリージャズとしての作品でその非凡な作曲能力を披露する。演奏陣は10代の頃から長らく共演をしているギタリストの井上銘、ベーシストの須川崇志。そして昨年リーダーアルバム「SUZAKU」をリリースし注目される若手トランペッターNiran Dasika(ニラン・ダシカ)。スタジオレコーディングの精緻に構築されていくサウンドから、ライブでのスリリングなアンサンブルまでその魅力を味わえる作品となった。ジャズシーンのトップランナーである四人が織りなす最前線のジャズ、是非お聴きください。

【パーソネル】
石若駿 Shun Ishiwaka(ds)
ニラン・ダシカ Niran Dasia(tp)
井上銘 May Inoue(g)
須川崇志 Takashi Sugawa(b)

ディスクユニオン横浜関内ジャズ館


〒231-0014 横浜市中区常盤町4-45 アートビル2F(1F スターバックス)
TEL:045-661-1542
買取専用フリーダイヤル:0120-231-543
E-MAIL:dy@diskunion.co.jp
営業時間:11:00~20:00





MATT SLOCUM / SANCTUARY
SUNNYSIDE / US / CD / SSC1547 / 0016728154727 / 2,100円+税

NYを拠点に活動するドラマー、マット・スローカムのSunnyside 第一弾!

20年に及ぶ仲という、ジェラルド・クレイトンと、パット・メセニーや、ブラッド・メルドウのバンドで活躍する今や説明不要のキャリアを誇るベーシスト、ラリー・グレナディアとの注目のトリオ編成になっています。

コンポーザーとしても確固としたテイストをもつスローカムは、通常、作曲およびアレンジの前に、メンバーの個性を思い描いていることが通常とのことながら、今回は、そうしたことなしで、作品を描いていったとのこと。 それだけに2017年の初頭から奮闘したとのことながら、自分自身をより見つめる作品になったようです。

楽曲は、8曲。伝統的なスウィンギーなナンバーもありつつ、ショパンの“前奏曲第4 番ホ短調”を下敷きにしてアレンジしたクラシカルな演奏あり、ビル・エヴァンス・トリオをほうふつとさせる詩的な演奏あり、抽象画のようなアブストラクトな演奏や、コンテンポラリーなナンバーも。1981年生まれ、30代後半となるアーティストの注目の一作です。(新譜インフォより)


【パーソネル】
Gerald Clayton (p)
Larry Grenadier (b)
Matt Slocum (ds)

ディスクユニオン横浜関内ジャズ館


〒231-0014 横浜市中区常盤町4-45 アートビル2F(1F スターバックス)
TEL:045-661-1542
買取専用フリーダイヤル:0120-231-543
E-MAIL:dy@diskunion.co.jp
営業時間:11:00~20:00





JEFF TAIN WATTS ジェフ・テイン・ワッツ / TRAVEL BAND - DETAINED IN AMSTERDAM
DARK KEY MUSIC / IMPORT / CD / DK010 / 2,160円(税込)

ジェフ・テイン・ワッツ・トリオ @アムステルダム。 気心しれたメンツで録 音したライヴ・レコーディング・アルバム。 セロニアス・モンクのブリリア ント・コーナーズ以外はオリジナルで構成された深化をみせるトリオでの演奏。

2017年2月にオランダのBimhuisでのワッツ・トリオ。 流麗な王道的な ジャズギターのスタイルを披露するポール・ボーレンバックとベースの オーランド・レ・フレミングと自由奔放に暴れまくるワッツのドラムが楽し めます。アムステルダムでの演奏を収めたアルバムが発売。


【パーソネル】
Jeff "Tain" Watts - drums and compositions
Paul Bollenback - guitar、
Orlando le Fleming - double bass
Orlando le Fleming - double bass

ディスクユニオン横浜関内ジャズ館


〒231-0014 横浜市中区常盤町4-45 アートビル2F(1F スターバックス)
TEL:045-661-1542
買取専用フリーダイヤル:0120-231-543
E-MAIL:dy@diskunion.co.jp
営業時間:11:00~20:00





アンバー CAMILA MEZA カミラ・メザ
コアポート / JPN / CD / RPOZ10047 / XAT-1245709064 / 2,700円(税込)

2016年から2年連続来日公演、同じく2年連続でダウンビート誌クリティック・ポール「Rising Star」に名を連ねるカミラ・メサ待望の最新作。既に評価の高いオリジナル曲に加え、カヴァーはM2エリオット・スミス(ベッカ・スティーヴンスも歌った「ワルツNo.1」)、M4デヴィッド・ボウイ&パット・メセニーのコラボ曲(映画『コードネームはファルコン』より)、M5アントニオ・カルロス・ジョビン、M8ミルトン・ナシメントの名曲(ウェィン・ショーター『ネイティヴ・ダンサー』での再録曲)、、カエターノ・ヴェローゾの重要レパートリーM12と充実。南米特有のセンティミエント溢れるそのヴォーカル・スタイルも素晴らしい。

【パーソネル】
カミラ・メサ Camila Meza (vo, g)
ザ・ネクター・オーケストラ エデン・ラディン Eden Ladin (piano, celeste, keyboards, fender rhodes, moog, organ, Wurlitzer electric piano)
ノーム・ウィーゼンバーグ Noam Wiesenberg (bass)
小川慶太 Keita Ogawa (drums, percussion)
大村朋子 Tomoko Omura (violin)
フォン・チェム・ホェイ Fung Chem Hwei (violin)
ベンヤミン・フォン・グートツァイト Benjamin von Gutzeit (viola)
ブライアン・サンダーズ Brian Sanders (cello)


【ソングリスト】
1.カルフ / Kallfu 
2.ワルツNo.1 / Waltz #1
3.アウェイクン / Awaken
4.ディス・イズ・ノット・アメリカ / This is Not America
5.オーリャ・マリア / Olha Maria
6.夕暮れ / Atardecer 
7.オール・ユア・カラーズ / All Your Colors
8.ミラグリ・ドス・ペイシェス(魚たちの奇跡) / Milagre dos Peixes 
9.インタールード / Interlude
10.アンバー / Ambar 
11.フォール / Fall
12.ククルクク・パロマ / Cucurrucucu Paloma

ディスクユニオン横浜関内ジャズ館


〒231-0014 横浜市中区常盤町4-45 アートビル2F(1F スターバックス)
TEL:045-661-1542
買取専用フリーダイヤル:0120-231-543
E-MAIL:dy@diskunion.co.jp
営業時間:11:00~20:00





ジョバンニ・ミラバッシ&サラ・ランクマン / インターメッゾ /
ウルトラヴァイブ / JPN / CD / MOCLD1009 / 4526180480587 / 2,000円+税

孤高のジャズピアニスト ジョバンニ・ミラバッシがエスコートするイタリアの旅。艶やかでスモーキーな歌声が魅力のパリジェンヌ サラ・ランクマンと織り成す極上のデュエット。

現在のジャズ界で最も評価の高いジャズピアニストの一人ジョバンニ・ミラバッシが、フランス人ジャズシンガーサラ・ランクマンとデュエットで織り成すイタリアン・ソング・ブック。バチカン宮殿を背景に撮影されたイタリア映画を彷彿とさせるジャケット写真から既に雰囲気抜群のその内容は、期待に違わずロマンティックで叙情的。ジョバンニの上品で洗練されたピアノと、サラの情感溢れる歌唱で、イタリアのヒット曲を表現している。

ゲストにサックス奏者オリヴィエ・ボージェ。イタリア映画「殿方は嘘つき」(1932)の主題歌でヴィットリオ・デ・シーカが歌った「マリウ愛の言葉を」。ルイジ・テンコのヒット曲のなかでも人気の高い「ヴェドライ・ヴェドライ」(1965)ポップス歌手ミア・マルティーニのヒットで知られる「宇宙の中にあなただけ」(1989)など、メロディの美しさが印象深いイタリアンソングスをセレクトしている。

ジョバンニ・ミラバッシ (piano)1970年イタリア・ペルージャ生まれ。
クラシック・ピアノ界の巨匠、アルド・チッコリーニと出会いを経て、ペルージャ時代にはチェット・ベイカーと共演を果たす。1992年パリに移住後、1996年アヴィニョン・フェスティヴァルで大賞を受賞。フランス・ジャズ界最高の栄誉である「Victoire du Jazz」、「Django dʼOr」受賞。代表作は日欧で10万枚セールスのソロピアノ作品"Avanti"(2001)。ジブリアニメのファンであり2013年に「アニメッシ」を発表。宮崎駿監督自身のフェイバリットピアニストでもある。

サラ・ランクマン (vocal)1980年、フランス生まれ。
ローザンヌ音楽大学でピアノとヴォーカルを専攻。卒業後、2012年にモントルージャズフェスティバルでクインシー・ジョーンズが審査員を務める国際シュア・ジャズヴォーカルコンクールで優勝。2015年よりジョバンニ・ミラバッシと活動を共にし、共同設立したレーベル「ジャズイレブン」より3枚の作品をリリース。"À contretemps"(2018)には、日本からジャズヴォーカル/フリューゲルホルン奏者TOKUが参加。


ディスクユニオン横浜関内ジャズ館


〒231-0014 横浜市中区常盤町4-45 アートビル2F(1F スターバックス)
TEL:045-661-1542
買取専用フリーダイヤル:0120-231-543
E-MAIL:dy@diskunion.co.jp
営業時間:11:00~20:00





PAUL BLEY / WHEN WILL THE BLUES LEAVE
ECM / GER / CD / 774423 / 0602577404238 / 2,300円+税

ポール・ブレイの名トリオの1999年のライヴ盤が初登場。

1963年録音の作品『ポール・ブレイ・ウィズ・ゲイリー・ピーコック』収録曲の同メンバーによるライヴ演奏を楽しむことのできるECMファン待望作品。1998年に録音の『Not Two,Not One』で再集結したトリオが1999年にスイスのトレヴァで行ったライヴ録音盤。オーネット・コールマンのタイトル曲、ポール・ブレイの「マザトラン」、ゲイリー・ピーコックの「ムーア」、そしてガーシュウィンの「アイ・ラヴズ・ユー・ポーギー」までインプロヴァイザー・マスター3人がどの瞬間瞬間をも聴き逃すことのできない演奏を奏でる。(輸入元情報)


【パーソネル】
Paul Bley (piano)
Gary Peacock (double bass)
Paul Motian (drums)



ディスクユニオン横浜関内ジャズ館


〒231-0014 横浜市中区常盤町4-45 アートビル2F(1F スターバックス)
TEL:045-661-1542
買取専用フリーダイヤル:0120-231-543
E-MAIL:dy@diskunion.co.jp
営業時間:11:00~20:00





馬車道通りのジャズ専門店
diskunion 横浜関内ジャズ館
045-661-1542
通販・買取、お気軽にお問い合わせください


TEL:045-661-1542
e-mail : dy@diskunion.co.jp
営業時間:11:00~20:00

・JR京浜東北・根岸線「関内駅」北口から徒歩3分 ・横浜市営地下鉄「関内駅」9番出口から徒歩0分 ・みなとみらい線「馬車道駅」5番出口から徒歩5分