新品CD情報 | diskunion 横浜関内ジャズ館ブログ

新品CD情報のカテゴリー記事一覧




●CHICK COREA チック・コリア / TRILOGY 2(2CD)
輸入CD 3,300円(税込) (CONCORD / CJA00183 / 0888072122130)


※2CD
現代最高峰のピアノ・トリオ第二弾!
「トリロジー」はクリスチャン・マクブライド(ベース)~ブライアン・ブレイド(ドラムス)という現代最高峰のプレイヤーと組んだスペシャル・トリオ。2013年にリリースした第1弾は、3枚組ながら日本国内でも5,000枚を超えるセールスを記録し、アメリカではグラミー賞を獲得しました。

今回も、前作同様、世界ツアーのライヴ音源からベスト・テイクを厳選。チックの代表曲「ラ・フィエスタ」「500マイルズ・ハイ」「ナウ・ヒー・シングス・ナウ・ヒー・ソブス」に加えて、「ロータス・ブロッサム」(ケニー・ドーハム)、「オール・ブルース」(マイルス・デイヴィス)など、ジャズマン・オリジナルのカヴァーを収録。(新譜案内より)

演奏者
チック・コリア(p)
クリスチャン・マクブライド(b)
ブライアン・ブレイド(ds)
ソングリスト
Disc 1
1.How Deep Is the Ocean
2.500 Miles High
3.Crepuscule with Nellie
4.Work
5.But Beautiful
6.La Fiesta
Disc 2
1.Eiderdown
2.All Blues
3.Pastime Paradise
4.Now He Sings, Now He Sobs
5.Serenity
6.Lotus Blossom




※店舗受取サービスはディスクユニオン・メンバーズ限定のサービスとなります。

引用元: https://diskunion.net/
https://diskunion.net/portal/ct/detail/1007975129B29





2019年9月30日以前のブログの商品リストの価格は消費税8%で表記されております。
同年10月1日以降はご購入時に消費税10%に再計算されますので、予めご了承ください。


ディスクユニオン横浜関内ジャズ館


〒231-0014 横浜市中区常盤町4-45 アートビル2F(1F スターバックス)
TEL:045-661-1542
買取専用フリーダイヤル:0120-231-543
E-MAIL:dy@diskunion.co.jp
営業時間:11:00~20:00






●ENRIQUE RODRIGUEZ(piano) / LO QUE ES
国内CD 2,640円(税込) (ASTROLLAGE / ASGE27 / 4988044050815)



チリの首都サンティアゴで活動する弱冠20歳の若手ピアニストEnrique Rodriguez。2017年にカセットテープでひっそりとリリースされ、全く無名の新人ながらその恐るべき内容から、その後に発売された300枚限定アナログ盤も即完売した驚異的作品「Lo que es」が、日本限定盤としてCDリリースが決定!!

エンリケ・ロドリゲス、初のアルバム。18歳にして、全ての楽器をロドリゲス自身が全て演奏し、創り上げられた衝撃の作品。フィジカル作品としては、既に入手困難のためCD化は正に待望とされていた1枚。ジャズやソウルにとどまらず、アンビエント、ポスト・クラシカル、サウンドトラック、インディーロック、ヒップホップなど様々な音楽からの影響が読み取れる。同時にそれらをハイセンスにミックスさせている手腕と、18歳にしてここまでの完成度と世界観をつくり上げていることにただただ驚かされる。日本にも入荷した本作のアナログ盤は再プレス盤も即完売し、高値で取引されている。チリから現れたこの若き才能が残した本作品を、一人でも多くの方に聴いて頂きたいと切に願う大傑作!!


※店舗受取サービスはディスクユニオン・メンバーズ限定のサービスとなります。

引用元: https://diskunion.net/
https://diskunion.net/portal/ct/detail/1007992040B29




2019年9月30日以前のブログの商品リストの価格は消費税8%で表記されております。
同年10月1日以降はご購入時に消費税10%に再計算されますので、予めご了承ください。


ディスクユニオン横浜関内ジャズ館


〒231-0014 横浜市中区常盤町4-45 アートビル2F(1F スターバックス)
TEL:045-661-1542
買取専用フリーダイヤル:0120-231-543
E-MAIL:dy@diskunion.co.jp
営業時間:11:00~20:00








●HECTOR PLIMMER ヘクター・プリマー / NEXT TO NOTHING
国内CD 2,640円(税込) (RINGS / RINC62 / 4988044051393)



ジャイルス・ピーターソンからも高い評価を得る、サウス・ロンドンのメロウ・アーバン・ビートメイカー、Hector Plimmer(ヘクター・プリマー)によるセカンドアルバムが完成!!ロンドンを拠点にするソウルシンガー、Ego Ella Mayや、注目のガーナ出身のUKシンガーANDREW ASHONGも参加!!

エレクトロニック・ミュージック、ヒップホップ、ジャズ、ソウル、ファンク等のエッセンスが混じった音楽は世に数多あるが、それを一人で新たな音楽として提示できる人はそれほど多くない。サウス・ロンドンから登場したヘクター・プリマーは間違いなくその才能を持つ一人だ。ジェイミー・カラムが「最初から最後まで美しいアルバム」と絶賛したデビュー作『Sunshine』以上に、この新作の美しさには深く引き込まれる。(原 雅明 ringsプロデューサー)

album features guests...
Ego Ella May, Emma-Jean Thackray, Pie Eye Collective, Alexa Harley; and Andrew Ashong

ソングリスト
1.Next to Nothing (feat. Emma-Jean Thackray, Ego Ella May)
2.Sonnet 17 (feat. Ego Ella May)
3.Still Here
4.Somebody Else (feat. Andrew Ashong)
5.Tapeloop
6.Stack (feat. Pie Eye Collective)
7.Before the Sun (feat. Ego Ella May)
8.Step
9.Joyfulness (feat. Alexa Harley)
10.Circle
11.2 Minute Switch (feat. Pie Eye Collective)
12.Wall Street (feat. Andrew Ashong)
13.Communication Control





※店舗受取サービスはディスクユニオン・メンバーズ限定のサービスとなります。

引用元: https://diskunion.net/
https://diskunion.net/portal/ct/detail/1008009983B29





2019年9月30日以前のブログの商品リストの価格は消費税8%で表記されております。
同年10月1日以降はご購入時に消費税10%に再計算されますので、予めご了承ください。


ディスクユニオン横浜関内ジャズ館


〒231-0014 横浜市中区常盤町4-45 アートビル2F(1F スターバックス)
TEL:045-661-1542
買取専用フリーダイヤル:0120-231-543
E-MAIL:dy@diskunion.co.jp
営業時間:11:00~20:00







●HIRADO YUSUKE 平戸祐介 / タワー・オブ・タッチ
国内CD 2,750円(税込) (AT HOME SOUND / AHS15 / 4988044050921)



AT HOME SOUND第13弾はこちら!!!●クラブ・ジャズ・シーンにおける日本を代表するバンドquasimode(クオシモード)のリーダー、日本を代表するジャズ・ピアニスト、平戸祐介による、「踊れる」クラブ・サウンドを意識し回帰した、世界基準の渾身のソロ・プロジェクト・アルバムが遂にCDリリース!コズミックでスペイシー、ファンキーでソウルフルな進化系のジャズ・サウンドがここに登場!今このJAZZ、HIP HOP、エレクトロを融合させた唯一無二のサウンドを鳴らせるのはYUSUKE HIRADOしかいない!
●ウエスト・ロンドン系に代表されるブロークンビーツの雄DegoやKaidi TathamやHenry Wuを踏襲しつつも、氏が師と仰ぐジャズの巨匠Miles Davis、更にRoy AyersやJames Masonといったジャズ~レア・グルーヴの巨匠からのインスパイアもひしひしと感じます!渾身のタイトルは、タッチ(指先)を通し音を伝え、本作で世界を狙う鍵盤奏者平戸ならではの「タッチの頂点」を意味する『TOWER OF TOUCH』。
●また、今回のプロジェクトに招聘したメンバーは、有望若手ジャズバンドGecko & Tokage Paradeから若干23歳のベーシスト中山拓哉、そして在日ファンクのメンバーとして、また吉澤はじめとの共演で知られるドラマー永田真毅!自由度の高いセッション性のものから派生して一つのストーリーを展開させ、平戸の作品に未だかつてない緊張感と高揚感を生み出している。
●更に、ジャズとヒップ・ホップ&クラブ・ミュージックがクロスオーヴァーしたクールなジャケットも素晴らしい!


ソングリスト
01. THE KICKER
02. HEADY DAYZ
03. RHYMES
04. EARLY BIRD
05. SONAR
06. BLUE SKY
07. GALAXY HIGHWAY
08. CIRCLE




※店舗受取サービスはディスクユニオン・メンバーズ限定のサービスとなります。

引用元: https://diskunion.net/
https://diskunion.net/portal/ct/detail/1007998306B29





2019年9月30日以前のブログの商品リストの価格は消費税8%で表記されております。
同年10月1日以降はご購入時に消費税10%に再計算されますので、予めご了承ください。


ディスクユニオン横浜関内ジャズ館


〒231-0014 横浜市中区常盤町4-45 アートビル2F(1F スターバックス)
TEL:045-661-1542
買取専用フリーダイヤル:0120-231-543
E-MAIL:dy@diskunion.co.jp
営業時間:11:00~20:00








●LEE KONITZ リー・コニッツ / OLD SONGS NEW
輸入CD 2,310円(税込) (SUNNYSIDE / SSC1572 / 0016728157223)


※デジパック
即興演奏家、リー・コニッツのノネット作がSunnysideより登場!
木管楽器と弦楽器が主体のユニークなサウンドにインスパイアされたコニッツの歌心溢れるインプロが堪能できる作品!

◆1927年生まれ、ジャズ・レジェンド、リー・コニッツのノネット作がSunnysideより登場!

◆トリスターノ派、クール派と呼ばれ、即興演奏家として知られるコニッツだが、ラージ・アンサンブル作やウィズ・ストリングス作も多くリリースしている。その中でもノネットときはバンド名やアルバム・タイトルに“nonet”と入れることが多く、この編成に特別な想いがありそうなのは、ノネット作『マイルス・デイヴィス / クールの誕生』に参加したこともひとつの要因かもしれない。

◆今作のアレンジと指揮は、サックス奏者で作編曲家でもあるオハー・タルマー。コニッツとは25年以上協力し、『Lee Konitz-Ohad Talmor String Project / Inventions』(2004)、『New Nonet』(2005)、『Lee Konitz-Ohad Talmor Big Band / Portology』(2006) などの作品もリリースしている。

◆今作の編成の特徴は金管楽器が入っておらず、木管楽器と弦楽器が主体なところ。『Lee Konitz Nonet』(1977)、『Yes, Yes, Nonet』(1979) はサックスと金管楽器主体、タルマーとの『New Nonet』では、バス・クラリネットとチェロが入っているが、あくまでもサックスと金管楽器が主体であった。

◆コニッツ作曲“Kary's Trance”、そして“Foolin' Myself”、“You Go to My Head”などは50年代を中心に何度も録音されており、ファンにとっても嬉しい選曲だ。

◆92歳になったコニッツだが、太く温かい音色は健在!さすがに速いテンポでは演奏しないが、即興性が高く歌心あふれる演奏は唯一無二である。

◆タルマーのアレンジは、コニッツとの話し合いにより、1940年代~1950年代の典型的なスタジオ・オーケストラに根差したサウンドを再現したという。コニッツが自由に歌うスペースがあり、木管楽器や弦楽器はあまり主張せず、彩りを添えている。アレンジ物としてコニッツが埋もれるようなことは決してなく、アンサンブルにインスピレーションを受けたコニッツのインプロヴィゼーションを堪能できる内容になっている。また、“Kary's Trance”はもともとの楽曲のイメージもあり、ユニークなアレンジが施されている。ラストの“Trio Blues”はアレンジなし、コニッツ、ベース、ドラムの即興マイナー・ブルース。

◆まだまだ創造し続けるレジェンド、リー・コニッツの、今の魅力がたっぷり詰まったノネット作!

メンバー:
Lee Konitz(as),
Ohad Talmor(ts on track 5),
Caroline Davis(fl, alto fl),
Christof Knoche(cl),
Denis Lee(b-cl),
Judith Insel(viola),
Mariel Roberts(cello),
Dimos Goudaroulis(cello),
Christopher Tordini(b),
George Schuller(ds)
Arranged and Conducted by Ohad Talmor
Recorded October21/22, 2017 at Big Orange Sheep Studio, Brooklyn, NY
ソングリスト
1.Goodbye (5:55)
2.Foolin' Myself (4:28)
3.In the Wee Small Hours of the Morning (4:41)
4.Kary's Trance (5:27)
5.I Cover the Waterfront (9:34)
6.This is Always (7:28)
7.You Go to My Head (6:45)
8.Trio Blues (4:46)







●JOHNNY GRIFFIN ジョニー・グリフィン / OW! ライヴ・アット・ザ・ペントハウス
国内CD 2,750円(税込) (キングインターナショナル / KKJ1041 / 4909346020078)


※デジパック / 日本語解説付き / 解説:原田和典
“Tough Tenors”と呼ばれた名コンビ/グリフィン&ロックジョウ
62年シアトルのクラブ“ペントハウス”でのダイナミックで豪快なバトルと歌心が満載のライヴ!!
数々の名演を放送したラジオ番組のために収録された未発表音源

★テナー・サックス奏者ふたりのバトルには特別の魅力があり、J.A.T.P.でのイリノイ・ジャケー~フリップ・フィリップスをはじめ、傑作『The Chase』を生んだデクスター・ゴードン~ワーデル・グレイ、ジーン・アモンズ~ソニー・スティット(『Boss Tenors』)、アル・コーン~ズート・シムズ(『Al & Zoot』)など、名バトル・チームが数多く存在しました。中でも“Tough Tenors”と呼ばれたジョニー・グリフィンとエディ・“ロックジョウ”・デイヴィスのチームは、最もダイナミックで豪快なバトルを楽しめる名コンビとして人気を博し、1960年録音のプレスティッジ盤『Battle Stations』を皮切りに、1962年までレギュラー・バンドとしての活動を続けて作品を残しました。

★その後は1967年にケニー・クラーク~フランシー・ボラン・ビッグ・バンドのメンバーとして再会を果たし、70年にはビッグ・バンドのリズム・セクションを借りて久々のバトル・アルバムをレコーディング、70年代と80年代にも再会セッションを持っています。

★今回発掘されたのは、彼らがレギュラーな活動をしていた最後の年にあたる1962年の5月から6月にかけてシアトルのクラブ“The Penthouse”に出演したときの演奏で、ラジオ番組のために録音された初出の音源。同年に録音したもののしばらく経ってからOJCレーベルのCDとしてリリースされた『Pisces』と同じメンバーから成るリズム隊が2人を支えています。

★収録曲はすべて他のアルバムで聴けるものですが、ベン・ウェブスターやコールマン・ホーキンス、ドン・バイアス、レスター・ヤングなどからの影響を受けて独自のスタイルを築いた“ロックジョウ”・デイヴィスと、彼よりもバップ色の濃いグリフィンは、どちらもすさまじいまでの迫力に満ちたプレイを繰り広げており、饒舌さの中に味わい深いフレーズを埋め込んでいくふたりの演奏は、聴衆に大きな衝撃と感動を与えています。また、2管のバトルのなかで、M3の“OW!”では、モンクの名曲“リズマニング”のフレーズが織り込まれる場面あり、M5の“Bahia”では“チュニジアの夜”のリフが飛び出す場面あり。ジャズ・ファンの記憶に強く残るこうしたメロディを入れていくのも、この二人ならではの展開と感じさせます。このグループにジュニア・マンス、ロイド・メイヤーズの後任として参加したホレス・パーランは、ブルーノートからリーダー作をいくつか発表した後だけに、すでに自信に満ちたプレイぶり。十八番であり、トレードマークとも感じさせるブロックコードを聴かせる場面など、彼のソロも随所で鋭い光を放っています。

★プロデューサー・チームは、レーベル立ち上げの時と同じくコリー・ウィーズと“ジャズ探偵”のニックネイムも定着したResonanceRecordsのゼヴ・フェルドマン。ゼヴは“ここに収められた音源には素晴らしい高揚感とポジティヴなヴァイブレーションがある”と語り、”コリー・ウィーズは“ジョニー・グリフィン、エディ・ロックジョウ・デイビスの録音と聞いて興奮してやまず、何が何でも出さねば”と思ったとのこと。ハードドライヴィングな演奏と味わい深いバラードは不滅の輝きを感じさせます。

<<豪華英文ブックレット>>
*CD=28頁/LP=8頁の英文ブックレット付
*双頭プロデューサー、ゼヴ・フェルドマン、コリー・ウィーズの文章に加えて、ペントハウスの経営者の息子、チャーリー・プッツォ・ジュニア、ラジオのDJ,ジム・ウィルクのコメントも収録。またジェームス・カーター、マイケル・ワイスといった現役ミュージシャンのコメントも掲載しています。

※本商品は発売日以降の発送となります。予めご了承ください。
ソングリスト
1.Intermission Riff (Intro by Jim Wilke)
2.Blues Up and Down
3.Ow!
4.Spoken Introduction
5.Bahia
6.Spoken Introduction
7.Blue Lou
8.Second Balcony Jump
9.Spoken Outro
10.How Am I To Know?
11.Spoken Introduction
12.Sophisticated Lady
13.Spoken Introduction
14.Tickle Toe





●JOHNNY GRIFFIN ジョニー・グリフィン / OW! LIVE AT THE PENTHOUSE
輸入CD 2,310円(税込) (REAL TO REEL / RTRCD003 / 0875531016888)


※デジパック
“Tough Tenors”と呼ばれた名コンビ/グリフィン&ロックジョウ
62年シアトルのクラブ“ペントハウス”でのダイナミックで豪快なバトルと歌心が満載のライヴ!!
数々の名演を放送したラジオ番組のために収録された未発表音源

★テナー・サックス奏者ふたりのバトルには特別の魅力があり、J.A.T.P.でのイリノイ・ジャケー~フリップ・フィリップスをはじめ、傑作『The Chase』を生んだデクスター・ゴードン~ワーデル・グレイ、ジーン・アモンズ~ソニー・スティット(『Boss Tenors』)、アル・コーン~ズート・シムズ(『Al & Zoot』)など、名バトル・チームが数多く存在しました。中でも“Tough Tenors”と呼ばれたジョニー・グリフィンとエディ・“ロックジョウ”・デイヴィスのチームは、最もダイナミックで豪快なバトルを楽しめる名コンビとして人気を博し、1960年録音のプレスティッジ盤『Battle Stations』を皮切りに、1962年までレギュラー・バンドとしての活動を続けて作品を残しました。

★その後は1967年にケニー・クラーク~フランシー・ボラン・ビッグ・バンドのメンバーとして再会を果たし、70年にはビッグ・バンドのリズム・セクションを借りて久々のバトル・アルバムをレコーディング、70年代と80年代にも再会セッションを持っています。

★今回発掘されたのは、彼らがレギュラーな活動をしていた最後の年にあたる1962年の5月から6月にかけてシアトルのクラブ“The Penthouse”に出演したときの演奏で、ラジオ番組のために録音された初出の音源。同年に録音したもののしばらく経ってからOJCレーベルのCDとしてリリースされた『Pisces』と同じメンバーから成るリズム隊が2人を支えています。

★収録曲はすべて他のアルバムで聴けるものですが、ベン・ウェブスターやコールマン・ホーキンス、ドン・バイアス、レスター・ヤングなどからの影響を受けて独自のスタイルを築いた“ロックジョウ”・デイヴィスと、彼よりもバップ色の濃いグリフィンは、どちらもすさまじいまでの迫力に満ちたプレイを繰り広げており、饒舌さの中に味わい深いフレーズを埋め込んでいくふたりの演奏は、聴衆に大きな衝撃と感動を与えています。また、2管のバトルのなかで、M3の“OW!”では、モンクの名曲“リズマニング”のフレーズが織り込まれる場面あり、M5の“Bahia”では“チュニジアの夜”のリフが飛び出す場面あり。ジャズ・ファンの記憶に強く残るこうしたメロディを入れていくのも、この二人ならではの展開と感じさせます。このグループにジュニア・マンス、ロイド・メイヤーズの後任として参加したホレス・パーランは、ブルーノートからリーダー作をいくつか発表した後だけに、すでに自信に満ちたプレイぶり。十八番であり、トレードマークとも感じさせるブロックコードを聴かせる場面など、彼のソロも随所で鋭い光を放っています。

★プロデューサー・チームは、レーベル立ち上げの時と同じくコリー・ウィーズと“ジャズ探偵”のニックネイムも定着したResonanceRecordsのゼヴ・フェルドマン。ゼヴは“ここに収められた音源には素晴らしい高揚感とポジティヴなヴァイブレーションがある”と語り、”コリー・ウィーズは“ジョニー・グリフィン、エディ・ロックジョウ・デイビスの録音と聞いて興奮してやまず、何が何でも出さねば”と思ったとのこと。ハードドライヴィングな演奏と味わい深いバラードは不滅の輝きを感じさせます。

<<豪華英文ブックレット>>
*CD=28頁/LP=8頁の英文ブックレット付
*双頭プロデューサー、ゼヴ・フェルドマン、コリー・ウィーズの文章に加えて、ペントハウスの経営者の息子、チャーリー・プッツォ・ジュニア、ラジオのDJ,ジム・ウィルクのコメントも収録。またジェームス・カーター、マイケル・ワイスといった現役ミュージシャンのコメントも掲載しています。

メンバー:Johnny Griffin(ts), Eddie “Lockjaw” Davis(ts), Horace Parlan(p), Buddy Catlett(b), Art Taylor(ds)

M1-7 recorded May 30, 1962 / M8-15 recorded June 6, 1962
at the Penthouse in Seattle, Washington
ソングリスト
1.Intermission Riff (Intro by Jim Wilke)0:53
2.Blues Up and Down 6:48
3.Ow! 8:20
4.Spoken Introduction
5.Bahia 8:44
6.Spoken Introduction
7.Blue Lou 4:11
8.Second Balcony Jump 7:13
9.Spoken Outro
10.How Am I To Know? 10:14
11.Spoken Introduction
12.Sophisticated Lady 4:03
13.Spoken Introduction
14.Tickle Toe 6:36
15.Intermission Riff (Outro by Jim Wilke)0:56





※店舗受取サービスはディスクユニオン・メンバーズ限定のサービスとなります。

引用元: https://diskunion.net/
https://diskunion.net/portal/ct/detail/1008015086B29
https://diskunion.net/portal/ct/detail/XAT-1245719218B29
https://diskunion.net/portal/ct/detail/XAT-1245719236B29





2019年9月30日以前のブログの商品リストの価格は消費税8%で表記されております。
同年10月1日以降はご購入時に消費税10%に再計算されますので、予めご了承ください。


ディスクユニオン横浜関内ジャズ館


〒231-0014 横浜市中区常盤町4-45 アートビル2F(1F スターバックス)
TEL:045-661-1542
買取専用フリーダイヤル:0120-231-543
E-MAIL:dy@diskunion.co.jp
営業時間:11:00~20:00





●GILAD HEKSELMAN / FURTHER CHAOS
輸入CD 2,310円(税込) (HEXOPHONIC MUSIC / HEX002 / 0888295899093)


※ペーパースリーブ

現代屈指のギタリストとなったギラッド・ヘクセルマン。自身のレーベルHexophonic Musicでの第二弾作品。

2006年にSmalls Recordsからリーダーとして、第一作をリリース。その後、フランスHarmonia Mundi系のレーベルLe Chant du MondeおよびJazz Village から一作ごとに表現の世界を拡張してきましたが、レーベル立ち上げ第一弾となった『Ask for Chaos』では、大きく飛躍。ギラッドは、そのリリース前に“アイディアがあふれている”と語っていましたが、その言葉の通り、ギタリストとしても、サウンド・クリエイターとしても、絶好調と感じさせています。

本作は、その『Ask for Chaos』と同時期に録音された2つのユニットによる演奏6曲を収録。

一つはRick Rosato とJonathan PintonによるgHex Trio。このユニットによって、ギラッドは、オーソドックスなトリオ・フォーメーションで、コンテンポラリー・ギターの可能性を表現。もう一つのユニットZuper Octave ではAaron Parks とKush Abadey を迎え、カッティング・エッジなエレクトリック・サウンドの世界を展開。

本作では、Dayna Stephensをフィーチャーしたズーパー・オクターブによる“Seoul Crushing”をオープニングに、超絶で聴かせるgHexによるジャコ・パストリアスの名曲“Teen Town”、そして、名スタンダード“Body and Soul”まで。

【パーソネル】
Gilad Hekselman(g)
Aaron Parks(keys)
Kush Abadey(ds)
Rick Rosato(b)
Jonathan Pinson(ds)
Dayna Stephens (EWI) (Tracks 1 & 3)




2019年9月30日以前のブログの商品リストの価格は消費税8%で表記されております。
同年10月1日以降はご購入時に消費税10%に再計算されますので、予めご了承ください。


ディスクユニオン横浜関内ジャズ館


〒231-0014 横浜市中区常盤町4-45 アートビル2F(1F スターバックス)
TEL:045-661-1542
買取専用フリーダイヤル:0120-231-543
E-MAIL:dy@diskunion.co.jp
営業時間:11:00~20:00





● / LEAF BOY
国内CD 2,695円(税込) (RINGS / RINC60 / 4988044050648)


※日本限定盤(輸入盤CDは、ありません。)

イスラエルのジャズ・シーンを代表するベーシストとして、大きな信頼を集めるギラッド・アブロによるソロ・デビューアルバム!!

ニタイ・ハーシュコヴィッツやアミール・ブレスラー、バターリングトリオのリジョイサーやケレン・ダンもサポートした、素晴らしい技術と才能が溢れた傑作!!


バターリング・トリオのリジョイサーが「イスラエルのジャズ・シーンで最も尊敬を受けるベーシストだ」と紹介して、ギラッド・アブロを聴かせてくれた。一聴してすぐに惹き付けられた。その音楽がようやくフル・アルバムで届けられた。ニタイ・ハーシュコヴィッツやアミール・ブレスラーもサポートした本作は、リジョイサーとイスラエルの新世代ジャズ・ミュージシャンのコレクティヴ、Time Groveからの最新の、そして飛びきりの一枚!(原 雅明 ringsプロデューサー)

【パーソネル】
Nitai Hershkovits : Piano ,Synth
Rejoicer : Synth
Amir Bresler : Percussion
Sefi Zisling : Trumpet
Nomok : Synths
KerenDun : Vocals
Karolina : Vocals
Echo : Vocals




2019年9月30日以前のブログの商品リストの価格は消費税8%で表記されております。
同年10月1日以降はご購入時に消費税10%に再計算されますので、予めご了承ください。


ディスクユニオン横浜関内ジャズ館


〒231-0014 横浜市中区常盤町4-45 アートビル2F(1F スターバックス)
TEL:045-661-1542
買取専用フリーダイヤル:0120-231-543
E-MAIL:dy@diskunion.co.jp
営業時間:11:00~20:00






●KRIS DAVIS / DIATOM RIBBONS
輸入CD 2,860円(税込) (PYROCLASTIC RECORD / PYOC62 / 0194171386084)


※ペーパースリーブ

カナダ出身の女流ピアニスト/作曲家、クリス・デイヴィスによる新録登場!!

先鋭的な音楽性と美しいタッチの持ち主として評価の高い、クリス・デイヴィス(p)の新作は、既成のジャズ的構造に挑戦するかのような新鮮な響きに満ちた作品。強力な個性を発散するJD・アレン(ts)のソノリティもとても可能性を感じさせてくれます。
エスペランサ・スポールディング(vo)、テリー・リン・キャリントン(ds)、マーク・リボー(g)など一流ミュージシャンの参加に注目がいきそうですが、楽曲や音楽的内容の新鮮さにこそ耳を傾けて頂きたい作品です!

【パーソネル】
Kris Davis - piano
Esperanza Spalding - voice
JD Allen - tenor saxophone
Tony Malaby - tenor saxophone
Ches Smith - vibraphone
Nels Cline - guitar
Marc Ribot - guitar
Trevor Dunn - electric bass
Val Jeanty - turntable
Terri Lyne Carrington - drums







2019年9月30日以前のブログの商品リストの価格は消費税8%で表記されております。
同年10月1日以降はご購入時に消費税10%に再計算されますので、予めご了承ください。


ディスクユニオン横浜関内ジャズ館


〒231-0014 横浜市中区常盤町4-45 アートビル2F(1F スターバックス)
TEL:045-661-1542
買取専用フリーダイヤル:0120-231-543
E-MAIL:dy@diskunion.co.jp
営業時間:11:00~20:00






●イエストリオ / グルーヴ・デュ・ジュール
国内CD 2,500円(税込) (キングインターナショナル / KKE-98 / 4909346019577)



※ペーパースリーブ
※日本帯付き

現代NYを代表するピアニストの一人、アーロン・ゴールドバーグ、イスラエル出身の実力派ベーシスト、オマー・アビタル、そして軸となるドラムのアリ・ジャクソンの3人によるスーパー・トリオによる、9年ぶりの第2弾、「Yes! Trio」20年以上に及ぶの共演が結実した充実の一枚です!

【パーソネル】
Ali Jackson (ds)
Aaron Goldberg (p)
Omer Avital (b)


2019年9月30日以前のブログの商品リストの価格は消費税8%で表記されております。
同年10月1日以降はご購入時に消費税10%に再計算されますので、予めご了承ください。


ディスクユニオン横浜関内ジャズ館


〒231-0014 横浜市中区常盤町4-45 アートビル2F(1F スターバックス)
TEL:045-661-1542
買取専用フリーダイヤル:0120-231-543
E-MAIL:dy@diskunion.co.jp
営業時間:11:00~20:00








●KEITH JARRETT / MUNICH 2016
輸入CD 4,070円(税込) (ECM / 7793748 / 0602577937484)


※2CD

ECM と時代を歩んできた孤高のピアニスト、キース・ジャレットのヨーロッパ最新となるECM のホームタウン、ミュンヘンでの 2016 年ソロ・ライヴ盤。

孤高のピアニストの一人、キース・ジャレットの 2016年7月16日にミュンヘンで行ったソロ・コンサートのライヴ録音2枚組。

本コンサート以降、2017年2月15日に NY カーネギーホールで一夜限りのコンサートを行っているが、それ以降は一切コンサートを行っていない貴重な記録。キース・ジャレットのソロ・ピアノの醍醐味でもあるインプロヴィゼーションに加え、リスナーが心待ちにしているスタンダードも3曲収録。

「ソロ・コンサートは、私が作り上げたものではない独自のルールを持つ別世界のようなもの。」-キース・ジャレット

プロデューサー: キース・ジャレット
エグゼクティヴ・プロデューサー: マンフレート・アイヒャー

録音年 2016年7月16日
録音場所 ミュンヘン、ガスタイク・フィルハーモニー
録音方法 ライヴ録音
演奏者 キース・ジャレット (p)


2019年9月30日以前のブログの商品リストの価格は消費税8%で表記されております。
同年10月1日以降はご購入時に消費税10%に再計算されますので、予めご了承ください。


ディスクユニオン横浜関内ジャズ館


〒231-0014 横浜市中区常盤町4-45 アートビル2F(1F スターバックス)
TEL:045-661-1542
買取専用フリーダイヤル:0120-231-543
E-MAIL:dy@diskunion.co.jp
営業時間:11:00~20:00








●MARC COPLAND / AND I LOVE HER
輸入CD 2,200円(税込) (ILLUSIONS / IM4004 / 0757926452719)


※デジパック

ディスクユニオン・ディストリビューション、マーク・コープランド(p)、鉄壁のメンバーとのピアノ・トリオ作品。

マーク・コープランド(p)が、ドリュー・グレス(b)、ジョーイ・バロン(ds)という鉄壁のリズムセクションを迎えて臨んだピアノ・トリオ作品。
D・グレス、J・バロンとは2017年作品「Better By Far」で共演しており、呼吸もピッタリだ。

モンゴ・サンタマリアの1、ハンコックの2、ジョン・アバークロンビーの5、レノン&マッカートニーの7、コール・ポーターの9にドリュー・グロスやマーク・コープランドの曲も演奏。どんな曲でも彼の手にかかると張り詰めた空気感、繊細なタッチとハーモニーにいつのまにか引き込まれてしまう。独創的な世界に浸っていただきたい。

■Personnel:
Marc Copland(p)
Drew Gress(b)
Joey Baron(ds)

ソングリスト
1.Afro Blue 6:22
2.Cantaloupe Island 8:20
3.Figment 7:21
4.Might Have Been 5:46
5.Love Letter 8:11
6.Day And Night 10:41
7.And I Love Her 6:44
8.Mitzy & Johnny 4:29
9.You Do Something To Me 9:16








2019年9月30日以前のブログの商品リストの価格は消費税8%で表記されております。
同年10月1日以降はご購入時に消費税10%に再計算されますので、予めご了承ください。


ディスクユニオン横浜関内ジャズ館


〒231-0014 横浜市中区常盤町4-45 アートビル2F(1F スターバックス)
TEL:045-661-1542
買取専用フリーダイヤル:0120-231-543
E-MAIL:dy@diskunion.co.jp
営業時間:11:00~20:00








●MILES OKAZAKI / SKY BELOW
輸入CD 2,200円(税込) (PI RECORDINGS / PI84 / 0808713008425)


※デジパック

NY最先端のギタリスト、マイルス・オカザキの最新作登場!

現在のNYシーンの最先端を担うギタリストとして注目を集めている、マイルス・オカザキ。
そんなオカザキにとって、5枚目のリーダ作品となる、彼のギター・カルテット「TRICKSTER」名義での最新作が登場!
全曲オカザキの自作曲。複雑なリズムフィギュアに自由なタイム感で絡みつくギター、斬新です。
前衛的な演奏スタイルが身上のマット・ミッチェル(p,key)らと作る、挑戦的な音世界から目が離せません。

■Personnel:
Miles Okazaki - guitar, effects
Matt Mitchell - piano, keyboards
Anthony Tidd - electric bass
Sean Rickman - drums

ソングリスト
1. Rise and Shine 04:25
2. Dog Star 06:26
3. Anthemoessa 04:15
4. Seven Sisters 04:58
5. Monstropolous 02:44
6. The Castaway 05:31
7. The Lighthouse 06:39
8. To Dream Again 05:37






2019年9月30日以前のブログの商品リストの価格は消費税8%で表記されております。
同年10月1日以降はご購入時に消費税10%に再計算されますので、予めご了承ください。


ディスクユニオン横浜関内ジャズ館


〒231-0014 横浜市中区常盤町4-45 アートビル2F(1F スターバックス)
TEL:045-661-1542
買取専用フリーダイヤル:0120-231-543
E-MAIL:dy@diskunion.co.jp
営業時間:11:00~20:00








●CHARLES LLOYD / MONTREUX JAZZ FESTIVAL 1967
輸入CD 2,860円(税込) (TCB / TCB02462 / 0725095024624)


※輸入盤 / 日本語オビ付き

正規盤初出音源!キース・ジャレット参加!チャールズ・ロイドQ 1967スイス・ライヴ!
■貴重な放送音源等を発掘し、オリジナルテープから高品質なリマスタリングで復刻するTCBの「スイス・ラジオ・デイズ・ジャズ・シリーズ」。第46巻は、正規盤初出音源となるチャールズ・ロイド・クァルテットの貴重なスイス・ライヴが登場!

☆「世界三大ジャズ・フェスティヴァル」の1つ、モントゥルー・ジャズ・フェスティヴァルの記念すべき第1回となった1967年のライヴ!
☆キース・ジャレットが参加しその名を一躍有名にした時期(代表作「フォレスト・フラワー」の翌年)のチャールズ・ロイドのクァルテット!
☆正規音源からのワールド・プレミア・リリース。放送音源からの正規復刻のため、音質も非常に良好です!

※録音(ライヴ):1967年6月18日、スイス

「今回発掘されたこのCDには、チャールズ・ロイドの名を一躍高めることとなったクァルテットによる1967年モントゥルー・ジャズ・フェスティヴァルでのパフォーマンスが収められている。(中略)今回は、スイスのTCB RecordsがSwiss Radio Daysというシリーズの1枚として正式な形でリリースしたものなので、ラジオ局が録音したテープを使っていることもあって遥かに音も良く、しかもクァルテットがこのステージで演奏した曲を全て収めているので、チャールズ・ロイドの音楽を愛する者にとってとても嬉しい発掘作品となった。 大村幸則(国内仕様盤ライナーノーツより)」

■チャールズ・ロイド(ts, fl)
キース・ジャレット(p)
ロン・マクルーア(b)
ジャック・ディジョネット(ds)

ソングリスト
Disc 1
1.Days and Nights Waiting (06:39)
2.Lady Gabor (12:03)
3.Sweet Georgia Bright (31:58)
Disc 2
1.Love Ship (09:38)
2.Love Song to a Baby (12:22)
3.Forest Flower (27:36)







2019年9月30日以前のブログの商品リストの価格は消費税8%で表記されております。
同年10月1日以降はご購入時に消費税10%に再計算されますので、予めご了承ください。


ディスクユニオン横浜関内ジャズ館


〒231-0014 横浜市中区常盤町4-45 アートビル2F(1F スターバックス)
TEL:045-661-1542
買取専用フリーダイヤル:0120-231-543
E-MAIL:dy@diskunion.co.jp
営業時間:11:00~20:00








●TYSHAWN SOREY / ADORNMENT OF TIME
輸入CD 2,200円(税込) (PI RECORDINGS / PI83 / 0808713008326)


※デジパック

NYの先鋭的なドラマーとピアニストによるフリー・インプロヴィゼーション作品。

タイショーン・ソーリーは、スティーヴ・コールマン(as)、ジョン・ゾーン(as)などの先鋭的なジャズ・プレイヤーとの共演で知られるNYの中堅ドラマー。
そのソーリーが、NYの前衛的ジャズメンからリスペクトされるヴェテラン女流ピアニスト、マリリン・クリスペルを迎えたデュオ作品が登場!
70年代後半から10年近くアンソニー・ブラクストン(ts)・カルテットの一角を担い、ヘンリー・グライムス(b)・トリオや自己のトリオなどで、妥協のない音楽姿勢を貫いてきたマリリン・クリスペルもはや70過ぎだが「活火山」とも評された前衛性は相変わらずで、一回り若いタイショーン・ソーリーと互角に渡り合う姿が感動的だ。

■Personnel:
Tyshawn Sorey drums, percussion
Marilyn Crispell piano

ソングリスト
1. The Adornment of Time 01:04:57








2019年9月30日以前のブログの商品リストの価格は消費税8%で表記されております。
同年10月1日以降はご購入時に消費税10%に再計算されますので、予めご了承ください。


ディスクユニオン横浜関内ジャズ館


〒231-0014 横浜市中区常盤町4-45 アートビル2F(1F スターバックス)
TEL:045-661-1542
買取専用フリーダイヤル:0120-231-543
E-MAIL:dy@diskunion.co.jp
営業時間:11:00~20:00





BAD PLUS バッド・プラス / Activate Infinity
EDITION RECORDS / IMPORT / CD / EDN1143 / 2,200円(税込
※ペーパースリーブ

トリオ・ジャズの新境地に挑み続けるバッド・プラスの2019年作がリリース!

2018年にはバッド・プラスの公式HPから購入可能となっている作品「Never Stop II」が発表されましたが、それを抜きにすると2016年にOkehから発売された「It's Hard」ぶり。そちらはインディ・ロックからソウルなど幅広いジャンルの楽曲を披露していましたが本作は全曲メンバーのオリジナル。

ゴーゴー・ペンギンやポルティコ・カルテットのような新世代ジャズのようなコンテンポラリーで洗練されたコード感にベテランの怒涛の演奏を繰り広げる冒頭"Avail"から圧巻の一言です・・・。待ってました!! 


【パーソネル】
Reid Anderson, Bass
Orrin Evans, Piano
Dave King, Drums 




2019年9月30日以前のブログの商品リストの価格は消費税8%で表記されております。
同年10月1日以降はご購入時に消費税10%に再計算されますので、予めご了承ください。


ディスクユニオン横浜関内ジャズ館


〒231-0014 横浜市中区常盤町4-45 アートビル2F(1F スターバックス)
TEL:045-661-1542
買取専用フリーダイヤル:0120-231-543
E-MAIL:dy@diskunion.co.jp
営業時間:11:00~20:00





1 2 3 4 5 6 次へ
馬車道通りのジャズ専門店
diskunion 横浜関内ジャズ館
045-661-1542
通販・買取、お気軽にお問い合わせください


TEL:045-661-1542
e-mail : dy@diskunion.co.jp
営業時間:11:00~20:00

・JR京浜東北・根岸線「関内駅」北口から徒歩3分 ・横浜市営地下鉄「関内駅」9番出口から徒歩0分 ・みなとみらい線「馬車道駅」5番出口から徒歩5分